tamasen blog

<< 前のページ

2011年6月30日(木)

海外からの研修団と国際交流!

訪日文化研修団・日本文化体験プログラム研修生として、学校法人加計学園が教育交流協定を結んでいるアメリカ・フィンドリー大学、ブラジル・パラナカトリカ大学およびブラジル・パラナ連邦大学の学生さん17名が本校へ来校しました。

学校到着後は本校の学生たちがエスコート役となり、馴れない英語(?)とボディーランゲージを駆使して、学科の紹介や医療、保健、福祉等の校内設備の説明を行いました。
コミュニケーションは相手に伝える気持ちが大切です。



その後、日本の昔ながらの遊びや文化を体験してもらうために、レクリエーションとして「手つなぎ鬼」と「じゃんけん列車」を全員で汗をかきながら楽しみ、日本人のソールフードである「おにぎり」作りに挑戦しました。
まさに、ま〜るい「rice ball」がたくさんできあがりました!

交流会では手作りハンバーガーとホットドッグを口いっぱいに頬張り、Tamasenダンス部と研修生が一緒にソーラン節を踊るなど大いに楽しみ、大盛り上がりのなかお別れの時を迎えました。



文化研修団は、7月19日まで日本に滞在し日本の文化を学びますが、本校でのふれあいは、彼らの記憶に必ずや残ることでしょう。
(事務長 國上 巧一)



written by tamasen [トピックス] [この記事のURL]

2010年11月2日(火)

平成22年度卒業研究発表会(理学療法学科)

澄み切った秋空の下、本校視聴覚教室にて理学療法学科4年生による平成22年度卒業研究発表会が行われました。

3年生後期から約1年間かけて取り組んできた研究の成果を、学会さながらの緊張感漂う雰囲気の中、グループごとに発表。教員や他学生からの鋭い質問が飛び交うなど、充実した発表会となりました。また、3年生も研究法の授業の一環として発表会に参加し、来年度行う自分たちの研究発表の参考にするため熱心にメモを取っていました。

卒業研究発表会の司会進行を担当した有年君は「前日からリハーサルを行い、本番では元気良く声もはっきりとわかりやすい発表ができたと思います。全体的にまとまった発表会になりました。この経験を将来の学会等に活かしたいと思います。」と研究発表を終えての感想でした。

この経験を生かし、卒業後も臨床に研究にと大いに活躍してくれるものと願っています。
(理学療法学科教員一同)


演 題
□ 視覚情報が重心動揺に及ぼす影響について
□ 足趾把持力が立位バランスに及ぼす影響
□ 圧迫帯を用いた肘屈伸運動における筋疲労軽減効果と最適圧の研究
□ 足関節底屈・背屈筋のトレーニングが歩行・走行に及ぼす影響
□ 寒冷刺激が健常成人の等速性収縮による筋力・筋持久力に及ぼす影響
□ 短期間五本指ソックス着用による身体機能へ及ぼす影響
□ 温熱刺激が筋に及ぼす影響について
□ 利き足・非利き足での片脚立位重心動揺と足部機能との関連
□ 非利き手の巧緻トレーニングによる粗大運動への影響



written by tamasen [トピックス] [この記事のURL]

2010年9月24日(金)

岡山理科大学附属中学校から学校見学

岡山理科大学附属中学校2年生の生徒さんが学校見学にやってきました。保健・医療・福祉の職業理解を目的として、保健看護学科、介護福祉学科、理学療法学科、作業療法学科の4学科を見学。模擬授業・体験演習・施設見学などを実施して職業理解を深めてもらいました。

様々な経験をして、今後の進路の参考にしてください。


written by tamasen [トピックス] [この記事のURL]

2010年9月20日(月)

部活動結果報告(剣道部

第10回岡山県連盟対抗剣道大会・団体優勝剣道大会・女子個人優勝大会が9月20日に玉島の森体育館で開催され、団体優勝大会と女子個人優勝大会に参加しました。

女子個人優勝大会では保健看護学科3年生の河本知香が、決勝戦では延長の末惜しくも敗れましたが素晴らしい試合内容で準優勝を果たしました。
団体優勝大会では1回戦で敗れてしまいましたが、なかなか稽古時間が取れない中でそれぞれが目標を持ち、チームとして戦う事が出来たと思います。

次回は11月にある第29回玉野剣道練成大会です。この大会は毎年好成績を収めていますので、期待しています。

(剣道部顧問 理学療法学科 藤原 猛)


written by tamasen [トピックス] [この記事のURL]

2010年6月13日(日)

部活動結果報告!(剣道部)

玉野剣道連盟主催「第6回玉野東西対抗剣道大会」が開催され、本校剣道部からは2名の部員と私の3名が東軍選手として参加しました。
本校剣道部員の戦績は1勝2引き分けでしたが、残念ながら東軍の9勝14敗8引き分けで西軍に敗れてしまいました。
講義や実習の関係でなかなか稽古が出来ない中、2名の部員は自分の持ち味を発揮して戦ってくれました

また、今大会の直前に新入部員がありました。これにより岡山県団体優勝剣道大会(9月)、玉野剣道練成大会(11月)の団体戦に、学校単独チームとして参加できます
専門学校としての大会もなく、また出場できる試合が限られる中で、参加した大会では部員達が活躍してくれることと思います

(剣道部顧問 理学療法学科 藤原猛)


written by tamasen [トピックス] [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨