tamasen blog

<< 前のページ

2011年4月16日(土)

新入生合同宿泊研修を実施!

新入生の新しい学生生活がスタートして10日程度。新入生同士や本校教職員との親睦を深める機会として、玉野スポーツセンターにて新入生合同宿泊研修を行いました。

1日目は校長によるフレッシュマン講話に続き、学科の枠を越えたグループによるスコアオリエンテーションを実施。日頃接することがない者同士が協力してポイントを探すことで交流が深まったようです。
2日目は英語バージョンのラジオ体操で目を覚まし、野外炊事でカレー作りに挑戦。カレー作りではグループごとに独自の隠し味を持ち寄って味比べを行ったところ、保健看護学科のグループが上位を独占しました。

研修を終えた理学療法学科の花谷晃平君は
「この宿泊研修をとおして、新しくできた友達の新たな一面が見れたり、集団行動における思いやりの大切さを実感しました。今後の学校生活に「マルク」を取り入れて頑張っていこうと思います!玉野スポーツセンターの方々、2日間お世話になりました。」との感想。
今後の学生生活を共にすごす大切な仲間との出会いの場になったようです。

新入生のみなさん、充実した学生生活を送れるよう日々をすごしてください。



written by tamasen [この記事のURL]

2011年4月4日(月)

ご入学おめでとうございます!平成23年度入学宣誓式

穏やかな春の日差しに迎えられ平成23年度入学宣誓式が執り行われました。保健看護学科14期生、介護福祉学科14期生、理学療法学科11期生、作業療法学科11期生が新たに玉野総合医療専門学校生として誕生しました。

式に先立ち東日本大震災の被災者に対する黙祷を捧げました。高井校長は震災を踏まえて「いつの時代にあっても必要とされるのは「ひと」です。的確な判断、高度な専門技術を備えた実践力のある人材へと成長するよう、深い基礎知識・基礎技術を主体的に学び、コミュニケーション能力を身につけた医療人になってください。」と激励。

新入生代表の保健看護学科・田中緑さんが「復興していく中で保健・医療・福祉の分野は多くの人に必要とされると思います。こういった世の中でその分野を担う人材となれるよう知識・技術を身に付けるとともに、思いやりや優しさのある医療人となれるよう日々精進していく決意です。」と力強く誓いの言葉を宣誓。保健・医療・福祉のエキスパートを目指して新たな一歩を踏み出しました。

新入生ならびに保護者のみなさま、ご入学おめでとうございます。ご参列いただいた来賓のみなさま、ありがとうございました。


written by tamasen [イベント] [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨