tamasen blog

<< 前のページ

2011年5月29日(日)

オープンキャンパス 1st 仕事について理解を深めよう!

本年度1回目のオープンキャンパスが開催されました。今回は「仕事について理解を深めよう!」をテーマとした1日体験入学。各職業の説明や、実技体験など充実した内容で、将来目標とする職業の理解を深めてもらいました。

初めに職業理解の一環として劇を披露 一人の患者さんに携わるチーム医療(医師・保健師・看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士)の再現

「最初にしていた話し合いが印象的でした。いつか自分も劇中のように現場で活躍したいです!」
「チーム医療は色んな職業の方が連帯して関わり、一人ひとりのサポートをしていくこところが印象的でした!」

学食にてLunch試食


午後からは各学科で体験実習
□保健看護学科
基礎看護学 健康状態をチェックしよう!
成人看護学 生活習慣病ってなに?

「成人病にならないようにするために、日頃の生活習慣はとても大切なんだと勉強になりました!」
「実際に血圧計を使った体験授業は分かりやすく楽しかったです。看護職に深い興味を持つことができました!」


□介護福祉学科
体験を通じて高齢者を理解する
レクリエーションを楽しもう

「とても明るく話やすい方がいて、1人でいるときでも不安にならずにすみました。一日体験を通していろいろなことを知ることができ、進学を考えようと思いました。」
「高齢者体験のがとても印象に残っています。レクリエーションも楽しかったです!」

□理学療法学科
物理療法体験 車椅子操作体験 プロが魅せる理学療法

「実際に車椅子・松葉づえを使った体験をさせてもらい、体の動きにくさをリアルに体験できたことが良かったです!」
「足の不自由な方の体験をしたり、物理療法の治療を体験することができてわかりやすかったです!」

□作業療法学科
作業療法とは? 作業療法のレクリエーションって!?
日常生活に必要なものって!!

「作業療法について詳しく知ることができました。ゲームや自助具を作ることができて、とても楽しかったです!」
「体が不自由な方々が使っている道具などを知ることができ、とても刺激を受けました!」


最後に修了式を行い一日体験入学を無事終了した証として修了証書を授与しました。



生徒さんは修了証書を手に充実した表情で感想を話してくれました。オープンキャンパス参加後の印象を1部紹介します。
「学生の方もみなさん親切で明るく和やかな学校でした。医療についてわかりやすく教えてくださり、また来たいと思える学校です!」
「先生方や学生さん1人ひとりがとても親切で、質問したことにはすぐに答えてくださり、とても頼もしいと思いました!」



職業理解を通して将来の目標をより明確にしてもらえるように。夢へのキッカケ第1歩です!

次回のオープンキャンパスは6月26日(日)に実施します。より詳しい内容になり、玉野総合医療専門学校で学ぶ意味を知ってもらえるような内容でお待ちしています。是非、ご参加ください!

written by tamasen [イベント] [この記事のURL]

2011年5月22日(日)

第15回 たまの・港フェスティバルに参加!

5月21日、22日の2日間にわたり玉野市の宇野港周辺をメイン会場として「たまの・港フェスティバル」が開催されました。本校学生約130名が、警備船からの洋上警備、ミニクルーズ誘導、ウナギのつかみ取り、更には岡山シーガルズのバレーボール教室などに分かれボランティアとして運営に参画しました。

また、出展の会場では本校の保健看護学科、介護福祉学科、理学療法学科及び作業療法学科が特色を生かし、血圧測定、肺活量測定、脳内年齢チェックなどの健康測定機器を用い、市民向けの体験ブースを設置しました。二日間で200名を越える方々が訪れ、測定結果に一喜一憂している姿を見ていると、健康について改めて考えていただける機会になったと思います。

このようなイベントに参画して地元市民をはじめ多くの方々と交流を深めることができ、本校を知っていただく良い機会となりました。お忙しい中を準備やボランティアに参加して頂いた学生諸君や教職員の皆様にお礼申し上げます。

(事務長 國上 巧一)



written by tamasen [イベント] [この記事のURL]

2011年5月10日(火)

日帰りキャンプ実習を実施!(介護福祉学科)

玉野スポーツセンターでレクリエーション概論・生活支援技術W(レクリエーション)の授業としてのキャンプ実習を行いました。
天気予報によると午前中の降水確率は90%、午後80%。1・2年生の交流のためには飯盒炊さんは欠かせません。雨の降る中だったので屋根のある場所で実施することを決定しました。

午前中は、学生がプログラムを組み、体育館内をいっぱいに使ってゲームを楽しみました。朝から雨天で、空を見上げては雨がやむことを願っていましたが、時折雨が激しくなってきました。予定を早めて、11時から雨の中キャンプ場に移動して食事作りを始めました。昼食は、全グループがバーベキューで、それぞれ趣向を凝らした内容でした。火おこしに時間がかかり、12時頃から食べ始めました。このとき晴れ間が見え(普段の行いがよいから?)、食事は屋外でしました。午後は晴れるかと思いましたが、片付けが終わった頃から雨がポツリポツリと降りだしました。午後は、学生によるレクリエーションと授業担当の先生によるレクリエーションを行って、楽しい時間を過ごしました。

皆、レクリエーションを楽しみ、交流ができ、人を楽しませることの難しさを体験した1日でした。また行きたいなー、もっとレクリエーションをしたかった、もっと交流したかったという声もありました。
(介護福祉学科・徳山ちえみ)


炭おこし みんなで協力しました


大縄飛び みんなの足並みがそろい、たくさんとべました


手をつないで鬼ごっこ


輪っかくぐり 大変でした


ゲームの優勝チーム はい、ポーズ

written by tamasen [この記事のURL]

2011年5月7日(土)

決意新たに看護の「道」を 平成23年度宣誓式(保健看護学科)

平成23年度宣誓式が執り行われました。同式典は看護を志す者としての自覚を促し、看護の専門職業人として道を歩むことを決意し「誓いの言葉」を述べる式です。

会場の照明が消され厳かな雰囲気の中、受け継いだキャンドルの灯を携え、学生全員が登壇して誓いの言葉を述べました。

誓いの言葉
「私たちは、豊かな感性と多くの知識と技術を身につけ
その人のニーズに合った援助ができるように務めます。
そして、感謝の気持ちを忘れず、思いやりの心を持ち、
社会から必要とされる看護師・保健師を目指します。」

宣誓者の一人である國府早苗さんは「宣誓式をたくさんの方々に見守っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。改めて看護に関わっていきたいと思える式でした。今後の学校生活や実習を通じて看護の知識と技術を身につけ、信頼される看護師・保健師を目指していきます。」と宣誓式を終えて力強いコメント。

保健看護学科の2年生は看護職のエキスパートを目指して、本格的な実習に臨みます。




written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨