tamasen blog

<< 前のページ

2011年6月30日(木)

海外からの研修団と国際交流!

訪日文化研修団・日本文化体験プログラム研修生として、学校法人加計学園が教育交流協定を結んでいるアメリカ・フィンドリー大学、ブラジル・パラナカトリカ大学およびブラジル・パラナ連邦大学の学生さん17名が本校へ来校しました。

学校到着後は本校の学生たちがエスコート役となり、馴れない英語(?)とボディーランゲージを駆使して、学科の紹介や医療、保健、福祉等の校内設備の説明を行いました。
コミュニケーションは相手に伝える気持ちが大切です。



その後、日本の昔ながらの遊びや文化を体験してもらうために、レクリエーションとして「手つなぎ鬼」と「じゃんけん列車」を全員で汗をかきながら楽しみ、日本人のソールフードである「おにぎり」作りに挑戦しました。
まさに、ま〜るい「rice ball」がたくさんできあがりました!

交流会では手作りハンバーガーとホットドッグを口いっぱいに頬張り、Tamasenダンス部と研修生が一緒にソーラン節を踊るなど大いに楽しみ、大盛り上がりのなかお別れの時を迎えました。



文化研修団は、7月19日まで日本に滞在し日本の文化を学びますが、本校でのふれあいは、彼らの記憶に必ずや残ることでしょう。
(事務長 國上 巧一)



written by tamasen [トピックス] [この記事のURL]

2011年6月26日(日)

部活動結果報告!(剣道部)

岡山県女子個人剣道大会が6月26日に行われ、保健看護学科4年生河本知香と作業療法学科2年生渡邉莉沙の2名が出場しました。

渡邉さんは残念な結果となりましたが、河本さんが準優勝を果たしました。日頃の勉強や実習等で十分な稽古ができていない中で、2名とも稽古量が豊富な大学生や警察官を相手に大変良い試合をしました。特に河本の決勝戦は延長戦までおよび、感動する試合内容でした。

(剣道部顧問 理学療法学科 藤原 猛)


written by tamasen [この記事のURL]

2011年6月26日(日)

オープンキャンパス 2nd Tamasenの雰囲気を感じてみよう!

本年度2回目のオープンキャンパスが開催されました。今回は「Tamasenの雰囲気を感じてみよう!」をテーマとして、模擬授業、実技体験、個別相談会が行われました。

各学科の模擬授業・体験実習
保健看護学科
母性看護学:みんな妊婦さんになってみよう!
小児看護学:赤ちゃんをお風呂に入れてみよう!

「体重が8kg程増えただけで肩や腰に負担がかかり、妊婦さんの大変さを感じました。赤ちゃんをお風呂に入れるなど普段体験できないことができ、とても良い経験になりました!」
「学生さんと先生のコミュニケーションがすごく良く見えました。学校生活の勉強等は大変そうだけど、この学校なら頑張れそう!と思いました。」


介護福祉学科
介護技術体験入浴介助
楽しい時間の作り方を学ぼう

「入浴介助は授業の楽しさや分かりやすさが伝わってきて、入学後のイメージがつかめました。レクリエーションでは、楽しいだけでなく人とのふれ合いを大切にしているように感じました!」
「もともと良いイメージがありましたが、今回初めてOPENCAMPUSに参加させていただいて、先生方や学生さんの雰囲気や笑いありの授業風景が実感できました。施設設備も期待していたとおり充実していました!」


理学療法学科 講義(実技)体験
基礎編:身体の仕組み
評価編:評価体験
治療編:リハビリ機器体験

「骨の組み立て方や曲げ伸ばしのしやすさなど、すごい勉強になり楽しく受けることができました。授業がわかりやすくて良かったです!」
「先生方や先輩方が優しく楽しく教えてくださり、とても楽しく授業を受けることができました。実際に入学してもっと理学療法の勉強がしたいと思いました!」

作業療法学科 高齢者と作業療法
あたまの中をのぞいてみよう!!

「作業療法の基礎的な事を教えていただいたり、脳のトレーニングをしてみたり、革細工をしてみたり…。とても楽しかったです!」
「先輩方がとても優しく接してくださったので、様々な体験をすることができました。とても楽しそうな学校・学科だと思いました!」


模擬授業・実技体験を通して職業理解・本校への興味を深めてもらえたでしょうか。夢へのキッカケ第一歩です!



次回のオープンキャンパスは7月23日(土)に実施します。実際に現場で活躍している本校卒業生をお招きしての講話や、より充実した模擬授業と実技体験など盛りだくさん!玉野総合医療専門学校の魅力をもっと知ってもらえる内容でお待ちしています。ご期待の上、奮ってご参加ください!

written by tamasen [イベント] [この記事のURL]

2011年6月18日(土)

卒業生を招いて就職懇談会を開催!(保健看護学科)

保健看護学科の今年3月卒業生と、すでに第一線で活躍している卒業生(看護師、保健師、養護教諭)を本校に招いて、4年生との就職懇談会を開催しました。

在校生は先輩達がどんな職場(病院・市役所・学校)に就職し活躍しているのか、また仕事の内容や実際の就職活動・就職試験の内容など、卒業生からたくさんのアドバイスをいただきました。午後からは幾つかのブースを設けて懇談をおこない、質問や相談をしていました。

就職懇談会に参加してくれた今年の卒業生からは
「とても楽しい会でした!卒業してこういう形で集まれ、今の自分を振り返り皆の状況や意見が聞けてよかった。」との感想。

また第一線で活躍している卒業生は
「新人の時を思い出した。今後のプリセプターについて考えさせられた。」
「多職種の集まりで、色々な話が聞け、選択肢も広がり良い機会だなと思った。」
など、今の自分を振り返りながら、看護職者として働く今を後輩にアドバイスしていただきました。

また、在校生からは
「就職のことだけでなく、国試のことも聞けてよかった。」
「就職先を選択した理由が聞け、就活時の参考になると思った。」
「就活や就職後の話がたくさん聞けたので活かしたい。」
「とても楽しかったです。去年まで一緒にいた先輩達がナースとして働いていてカッコイイ!と思いました。良い話も悪い話も聞けて良かったです。」
などの感想があり、将来の就職に向けて大変参考になったようです。

在校生は実際に就職して臨床やその他の職場で働いている先輩から話を聞けて、良い刺激になったことでしょう。今後の就職に活かしてください。

(保健看護学科 大森交子)


written by tamasen [この記事のURL]

2011年6月12日(日)

部活動結果報告!(剣道部)

第7回玉野東西対抗剣道大会に出場しました。
今回の出場は作業療法学科2年渡邉莉沙と理学療法学科1年上山治樹の2名の学生と私の3名でした。
結果は出場の3名それぞれ内容の良い試合で快勝し、所属の西軍は15勝10敗3引分けで優勝しました。

次は岡山県女子個人剣道大会が月末に行われ、2名の選手が出場します。
上位入賞を目指して各々お稽古に励んでいるので、良い結果を残してくれると思います。

(剣道部顧問 理学療法学科 藤原 猛)



written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨