tamasen blog

<< 前のページ

2012年3月10日(土)

卒業おめでとう!平成23年度卒業証書授与式

穏やかな春の日差しに迎えられ、平成23年度卒業証書授与式が執りおこなわれました。保健看護学科、介護福祉学科、理学療法学科、作業療法学科の各卒業生が、喜びと期待を胸に新たな道へと巣立っていきました。

式典では高井校長が、「いろいろなことに対する興味、物事への向上心を常に忘れず、しっかりと考え模索してください。そして失敗を恐れず、くれぐれも細心にして、そのうえで大胆な行動を心がけてくださるようお願いいたします。そして悩める人の力になってあげてください。」と激励。

卒業生を代表して山岡結花さんが、「この先、私たちは期待に胸を膨らませて、医療福祉の世界に携わっていこうとしています。多少の不安はありますが、入学時と同じように胸を張ってこの学校から旅立ち、学び得た専門知識と技術を活かすことで、道は開けると信じています。医療や社会福祉の志を同じくする同級生や後輩たちの存在は心強く感じます。在校生のみなさまとは社会で再び協働できる日を楽しみにしています。」と力強い謝辞で答えました。

卒業生ならびに保護者のみなさま、ご卒業おめでとうございます!



written by tamasen [この記事のURL]

2012年3月8日(木)

タマセンに行ってみよう! OPEN CAMPUS 2012 先行開催

今回実施したオープンキャンパスは、各学科の体験が可能なスタンプラリー方式で開催。さまざまな職種・分野を経験することで、進路の参考になればと企画しました。

参加者のコメント
保健看護学科
「優しそうな先生でした。看護の仕事は責任感がとても大切だと思いました。ヒヤリ・ハットにならないよう連絡ミスがないようにするなど、看護の仕事は気を付けることなどが沢山あると思いました!」

介護福祉学科
「高齢者の方限定ではなく、小さい子や障害を持っている方たちにも介護が必要な事を初めて知りました。介護福祉士の仕事について詳しく知ることができてとても良かったです!」.

理学療法学科
「人の体について知ることができました。骨は全部つながっているわけでなく、しかもそれぞれに大事な役割があることを知りました。」

作業療法学科
「自分たちが身の回りで作れるものを使ってサポートしているのだと思いました。心や体で人と接する大切な仕事だと感じました。」

これから臨む進路の参考にしてください!

次年度オープンキャンパスの日程が決定しています。
□ 5月20日(日)  職業理解を深めよう!
□ 6月24日(日)  Tamasenの雰囲気を感じてみよう!
□ 7月21日(土)  卒業生による講話があります!
□ 8月 4日(土)  もっとTamasenを知ってみよう!
□ 8月25日(土)  夏休み最後、進路の決めてにしよう!
□ 9月29日(土)  第1回入試説明会・学校見学会
□10月20日(土)  学校祭「優勇祭」を楽しもう!
□10月21日(日)       〃
□12月15日(土)  第2回入試説明会・学校見学会

なお、学校見学や入試相談は随時受付けています。玉野総合医療専門学校で勉強する内容、就職、資格取得、学生生活。玉野総合医療専門学校の魅力をお伝えします。お気軽にご連絡ください。


written by tamasen [この記事のURL]

2012年3月8日(木)

タマセンに行ってみよう! OPEN CAMPUS 2012 先行開催(保健看護学科)

今回、初めて3月にオープンキャンパスを実施し、参加する人数も予測がつかないままの開催となりましたが、模擬授業の時間には思った以上の参加者数であり、熱心に授業を聞きく姿が見受けられました。

今回の保健看護学科の体験授業では、医療安全の「ヒヤリ・ハットの防止」というテーマで、ゲームを交えて講義をしました。担当した教員の大倉は、「医療チームのメンバーとして、ヒヤリ・ハットを防止していくこと、コミュニケーションの大切さなどが理解できたのではないかと思います。また、真面目に講義を聞く姿勢には嬉しくなりました。」とコメントしていました。

5月20日から、来年度のオープンキャンパスがスタートします。多くの生徒・保護者の皆様に参加して、いきいきした保健看護学科を体験して欲しいと思います。


written by tamasen [この記事のURL]

2012年3月6日(火)

バスケットボール部卒業生引退試合!

本校バスケットボール部4年生の引退試合が体育館にて行われました。

開会式や選手宣誓、ルール説明など趣向を凝らした内容で、卒業生チーム 対 在校生チームの試合を行いました。白熱した試合の結果は・・・卒業生チームの圧勝。女子は4年間の公式戦全勝、男子も県大会2連覇など、他校を圧倒してきた実力は最後まで健在だったようです。

元部長のコメント
男子卒業生代表 保健看護学科 中村 和哉

「バスケ部に入って先輩・後輩・先生に出会うことができ、みんなで一つのことをする楽しさを学べました。学生生活を倍以上楽しく過ごすことができたと思います。追い出し試合を開いてくれた後輩にとても感謝しています。後輩のプレーに驚かされましたが、やっぱりエース、MVPは僕自身だと思いました。」

女子卒業生代表 理学療法学科 大迫 美穂子

「卒業生のために引退試合を開いてくれた後輩達にすごく感謝しています。最後にとても良い思い出ができました。4年間バスケ部として活動してきたことで良い仲間や先輩、後輩にも出会うことができ、学校生活がより楽しいものになったのだと思います。4年間ありがとうございました。」


バスケットボール部に所属したみんな、卒業おめでとう!部活を通して得た経験、仲間、思い出、そのすべてを大切にしてください。

みんなが玉専に来てくれて本当に良かった、ありがとう!



written by tamasen [この記事のURL]

2012年3月5日(月)

剣道部卒業記念稽古会

卒業生の“追い出し稽古会”を行いました。

卒業生は国家試験、在校生は定期試験後ということもあり、初めは本来の動きではなかったようですが、身体が温まると鋭い打突がみられるようになりました。約1時間稽古を行い、そのあとは思い出等を語りながら食事会をしました。

卒業生は4月から臨床という“道場”での修業が始まります。剣道を通して培った精神力で大きく羽ばたき、それぞれの現場で活躍されることを祈ります。

(剣道部顧問 藤原猛)


written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨