tamasen blog

<< 前のページ

2012年8月25日(土)

オープンキャンパス5th 夏休み最後、進路の決め手にしよう!

本年度5回目のオープンキャンパスが開催されました。今回は「夏休み最後、進路の決め手にしよう!」をテーマとして、模擬授業、実技体験、個別相談会などが行われました。オープンキャンパス開催も5回目を数え、模擬授業や実技体験はより専門的になっています。

アンケートにお答えいただいた感想の一部紹介します。
保健看護学科
基礎看護学:健康状態の観察
成人看護学:ハートの音を聴こう

「電子計でしか血圧を測ったことがなかったので、初めての経験でとても勉強になりました。私は血圧が低いことがわかって食生活などを見直そうと思いました!」
「質問に答えてもらったり、実際に体験をする場面もあったり、少しでも知識を得ることができたので良かったです。知らなかったことを知れる貴重な体験をさせてもらいました!」

介護福祉学科
体験を通して障がいを理解しよう!
楽しい時間の作り方を学ぼう

「オープンキャンパスには3回目の参加ですが、毎回模擬授業が本当に楽しいです!先生方や先輩方が優しくて明るい良い学校だと感じました。」
「模擬授業の喋らずに相手に伝えるのが大変でした。相手に伝えられた時は凄く嬉しかったです。他学科との交流もあって良い学校だと思いました!」

理学療法学科
身体の仕組み
評価体験
リハビリ機器体験

「以前のオープンキャンパスとは違った体験をすることができ、とても良かったです。骨のことや関節の角度など難しいことですが、覚えていく中で楽しくなっていくと思うので、勉強を自ら頑張っていきたいです!」
「今回、基礎から治療の模擬授業を受けてみて「腕がどこからなのか」や「筋肉の使い方」などを知ることができて良かったです。楽しく学ぶことができました!」

作業療法学科 あなたも作業療法士をめざしませんか?
精神障害って!?
生活を助ける道具を作ってみよう!

「学生のみなさんから何度も話しかけていただけて、とても面白くて嬉しかったです。話をしながら作業するのも楽しかったし、説明が分かりやすいのと熱い語りだったのでとても印象に残りました!」
「精神疾患が増えていて作業療法士の関わりが必要だと思いました。作業療法士について知り始めたばかりですが、精神障害者に偏見を持たず、しっかり支えていけたらなと思いました!」

本校で実際に受ける授業の一部を体験してもらい、学校の特徴、学ぶ内容、学生の雰囲気など本校の魅力を感じてもらえたようでした。

次回のオープンキャンパスは9月29日(土)開催予定。第1回入試説明会を行います。入試を間近に控え、どんな学校なのか一目お確かめください。当日は入試講座と見学会を行います。是非、ご参加ください!


written by tamasen [この記事のURL]

2012年8月7日(火)

海外研修団の結団式を実施!

本校視聴覚室において平成24年度アメリカ合衆国シェネンドーア大学における海外研修団の結団式を本校の教職員が見守る中、和やかな雰囲気で執り行われました。

式では森団長、佐竹副団長の辞令交付に続き、高井校長挨拶と校長自ら体験された訪米研修の映像資料をもとに、研修の目的やその意義などを踏まえて「研修に臨むに加え、アメリカという国を今回短い期間ではあるが見聞することは、必ずや学生諸君のこれからの人生にプラスになるからしっかりと見てくるように」、と激励の言葉が述べられました。また学生代表として、保健看護学科3年生 前川梨紗さんから今回の研修への抱負などが述べられました。

海外研修に参加する保健看護学科3年生・富永ひかるさんは「海外研修に行って医療現場を見学すること、現地の生活で異文化にふれることなどを通して、自分の視野を広げたいです。また一緒に行くみんなと楽しい思い出を作ってきたいです!」と式を終えて海外研修への期待を胸に感想を述べてくれました。

学生12名、引率教員2名の14名で研修団は、9月5日から13日間の研修に臨みます。
外から日本を見た学生達は、必ずや一回り大きくなって帰ってきてくれることでしょう。

(事務長 國上巧一)



written by tamasen [この記事のURL]

2012年8月4日(土)

「かっからか踊り」で暑さを吹き飛ばす!

玉野の夏を彩る「第43回玉野まつり」が玉野市の市役所通りをメイン会場として開催されました。祭りの主役である地踊り「かっからか踊り」に2,000名を超える踊り手が参加し、“連”の特色を出しながら踊りに興じていました。

本校からは、黒色とオレンジ色のそろいのハッピを身にまとい、学生有志・教職員総勢50名が参加し、学生たちの若さと教職員の老練さで暑さを吹き飛ばす軽快な踊りを披露しました。

踊ったあとの爽快感と達成感は何とも言えない心地よいものでした。これが地踊りの魅力なのでしょうか?
来年は、学生たちに負けないよう頑張ります!

(事務長 國上 巧一)



written by tamasen [この記事のURL]

2012年8月4日(土)

オープンキャンパス 4th 「もっと」Tamasenを知ろう!

本年度4回目のオープンキャンパスは「もっとTamasenを知ろう!」をテーマとして開催しました。

今回は保健・医療・福祉の現場で活躍している本校卒業生の講話を実施。在学中の思い出や、仕事を始めて良かったこと、大変なことなどを話していただきました。


「卒業生の話を聞き、学校生活のことや、実際の現場の仕事のことを聞けて、これからの自分にプラスになると思うし、改めて看護師になりたいと思いました。」(保健看護学科)


「卒業生が実際に体験したことを聞き、授業の大変な所や、役立った話を聞けて、ためになりました!」(介護福祉学科)


「自分の将来について改めて考えることができました。理学療法士の大変さ、やりがいが伝わってきました!」(理学療法学科)


「実際に現場で働いている方の話を聞けて、作業療法士がどのような場所でどのように患者さんに接しているかなど、いろいろと勉強になりました!」(作業療法学科)

実際に働いている卒業生はこれから目標とする憧れの存在。そんな卒業生の生の声は好評だったようです。


各学科の模擬授業・体験実習を実施。アンケートにお答えいただいた感想の一部紹介します。
保健看護学科
在宅看護:いきいき訪問
公衆衛生看護学:家庭訪問(子どもの発達と保健指導)

「訪問看護は家に訪問するので、その人の生活、環境、家族との関係がとても大事になってくることが分かりました。訪問鞄の中には目的に応じて様々な物が入っていることに驚きました!」
「先生方がとても分かりやすく、資料に沿って詳しく説明してくださったので良かったです。興味ある事を少し理解することができました!」

介護福祉学科
福祉用具ってな〜に
80歳になって生活を体験してみよう

「実際にシーツをひいてみて、最初はあまり上手にひけずシワが残りましたが、やり方を教えてもらい、きちんとしたシーツのひき方を学べて良い経験になりました!」
「とても明るい雰囲気で、オープンキャンパスのお手伝いをされていた先輩方が、楽しそうにされているのが特に印象に残りました!」

理学療法学科
脳卒中に対する理学療法
運動器疾患に対する理学療法

「理学療法士がどういったものなのかを知ることができました。とても分かりやすくて良かったです!」
「授業始めの説明は難しいところもあったけど、後半に体験をすることで楽しく学ぶことができました!」

作業療法学科 リアル作業療法
卒業生の話を聞こう!
作業療法する人・される人

「患者さんの気持ちになって、作業療法をされていることに気が付くことができました。入学してもっと詳しく学びたいです。左手でおはしを持ちやすくなりました!ありがとうございます!」
「体が自由に動かせないと本当に大変だと思いました。される立場の体験ができて良かったです!」

本校で実際に受ける授業の一部を体験してもらい、学校の特徴、学ぶ内容、学生の雰囲気など本校の魅力を感じてもらえたようでした。

次回のオープンキャンパスは8月25日(土)開催予定。体験授業を通して進路とじっくり向き合うチャンスです。今まで都合が合わずに参加できなかった方、もう1度聞いておきたい方、受験を迷っている方、これから進路を考える方、夏休み最後のオープンキャンパスを進路の決め手にしてください!


written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨