tamasen blog

<< 前のページ

2014年1月31日(金)

2年生の老年看護学実習Tが終了しました。(保健看護学科)

老年看護学実習Tを通して、学生たちは実習を通して多くを学び、2年生最後の臨床実習を終えました。患者様やご家族、看護師・理学療法士・作業療法士の方々からたくさんの目に見えないこころの宝物をいただきました。3年生の成人看護学実習は5月初旬からスタートを切ります。今回の実習を土台にさらに成長して欲しいと思います。
今回は、玉野市民病院6階病棟(回復期リハビリ病棟)で実習を行った学生の書いた毎日の記録の一部を抜粋して紹介します。写真は、レクリエーションで大勢の患者様と一緒に作成した三井造船をテーマにしたちぎり絵です。
(保健看護学科 石田実知子)


今日は、いつものように転倒予防として環境整備を行いました。毎日行っていますが、本当にこのことが患者様の転倒予防に繋がっているのか心配していました。しかし、患者様から「中川さんがこうやって掃除とか細かいことをしてくださるから自分が立ってしなくてよくなった。これでふらふらしながら立ったり、申し訳ないと思いながら人にお願いしなくて良かったよ」と言われました。看護師が患者様の危険リスクを取り除いて安心して過ごせる環境を作ることの大切さを改めて考えました。患者様の苦痛を取り除くだけではなく、危険から守ったり、健康増進に導く看護師の職業の素晴らしさ、やりがいを感じ、これまで以上にしっかり学び、役に立つ看護師になりたいと強く思いました。
(中川梨沙子)

私の実習期間は残り2日しかない。その短い時間の中で私が患者様にできることは、自分の思いを対象者に押し付けるのではなく、患者様の発する言葉や表情をありのままに受容することだと思う。カンファレンス室での教員のアドバイスを受け、そう感じた。
今日行うことのできなかった手浴を明日は行ない、患者様のリラックスできる状態をケアを通して作り、相手の尊厳を大切にしながら患者様の心に残る歌に関するエピソードやその当時どのように生活してきたのかなどお話していこうと思う。そしてありのままの患者様を理解していくようにしていきたい。その関わりによって自分もまた成長していきたいと思う。
(近藤優子)

学生主体のレクリエーション活動の一環として行ったちぎり絵が完成した。最初は決まったメンバーしかいなかったり、あまり意欲的でない人もいたが、最終的には多くの患者さんと協力しながら作品をつくりあげることができた。完成した時、参加者の1人が「最初はこんなもんどうなるかと思ったけど、やり出すと楽しい。わりと頭使うもんな」と言われた。こちらのレクリエーションの意図が伝わってとても嬉しく思った。今回の経験を基に次回レクリエーションを行う際には、さらにステップアップさせ参加者の1人ひとりのできること、できないこと、どう介助すれば何ができるのかを把握し、学生の役割分担を決めたり、意欲的でない人との関わり方などをしっかり考えて、より良いレクリエーションにしていきたい。船は「りきまる」と名付けたが、6階病棟の皆さんの「力」を後押しして、望む港に送る手助けになるものがいいなと願う。
(神垣薫子)



written by tamasen [この記事のURL]

2014年1月24日(金)

国家試験合格祈願・由加山

国家試験合格に願いを込めて。倉敷市の由加山蓮台寺にて、保健看護学科・理学療法学科・作業療法学科4年生の国家試験合格祈願が行われ、試験を間近に控えた学生たちは国家試験への願いを祈願し、気持ちを引き締めていました。

参拝後、保健看護学科の佐々木晴菜さんは「今まで国試に向けて勉強をしてきましたが蓮台寺の方から“夢が無ければ退歩する”というお言葉をいただき、全員で国試に合格し夢を叶えることができるよう頑張ろうと思いました。」と意気込んでいました。国家試験本番で実力が発揮できることを願っています。

4年生の挑戦はラストスパートです!めざせ全員合格!





written by tamasen [この記事のURL]

2014年1月9日(木)

「鏡開き」開催!(介護福祉学科)

介護福祉学科の学生主催で第14回「鏡開き」の行事を実施しました。本行事は岡山県レクリエーション協会の後援を受け、レクリエーション・インストラクター養成の現場実習の事業と位置づけているものです。日頃お世話になっている地元コミュニティのかたや保育園児、そして施設のご利用者様の参加を得て、この日玉野総合医療専門学校は世代を超えた交流の場となりました。

鏡を開き、温かいぜんざいでのおもてなしの後は、学生考案のレクリエーションで楽しんでいただきました。「あんたがたどこさ」を歌っての手遊びで触れ合った後、ももっちとうらっちとのじゃんけんで勝った人がカレーの具材のカードを引いてカレーを完成させる「カレーじゃんけん」をしました。参加してくださったかたからは、「楽しかった」という感想とともに来年へ期待を寄せる声がきかれました。

午後は、学内の教職員と学生をぜんざいでもてなしました。

(介護福祉学科 藤原 美奈子)



written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨