tamasen blog

<< 前のページ

2014年3月12日(水)

タマセンに行ってみよう! OPEN CAMPUS 2014 先行開催!

今回実施したオープンキャンパスは、各学科の体験が可能なスタンプラリー方式で開催。さまざまな職種・分野を経験することで、進路の参考にと企画・開催しました。

参加者のコメント
保健看護学科

「災害看護など看護とは何なのか、どんな職種があるのかなど、とても分かりやすかった!」
「4年間しっかり学べて、保健師と看護師の資格が取れるのが良いと思いました!」

介護福祉学科

「ジェスチャーの演習をグループでして、伝えることの難しさ、大切さを知ることができました!」
「初めて参加しました。すごく楽しい先生だなと思ったし、また授業を受けたいなと思いました!」

理学療法学科

「身体的なリハビリについて、人の神経について知ることができ、実際に体験することができたので、実感が沸きやすかった!」
「電気を流したら手が勝手に動いたり、不思議な体験ができたので、もっと身体の仕組みについて知りたいと思いました!」

作業療法学科

「骨の模型や身体の構造が書いてある本を見て、楽しかったし初めて知ることがたくさんありました!」
「ユニバーサルデザインのものに実際触れることができ、作業療法士の仕事について理解を深めることができました!」

これからめざす進路の参考にしてください!



次年度オープンキャンパスの日程が決定しています。
□ 5月25日(日)  職業理解を深めよう!
□ 6月22日(日)  Tamasenの雰囲気を感じてみよう!
□ 7月19日(土)  徹底比較Tamasenの凄さはここにあり!
□ 8月 2日(土)  卒業生による講話があります!
□ 8月30日(土)  夏休み最後、進路の決め手にしよう!
□ 9月27日(土)  第1回入試説明会・学校見学会
□10月25日(土)  学校祭「優勇祭」を楽しもう!
□12月13日(土)  第2回入試説明会・学校見学会

なお、学校見学や入試相談は随時受付けています。玉野総合医療専門学校で勉強する内容、就職、資格取得、学生生活。玉野総合医療専門学校の魅力をお伝えします。お気軽にご連絡ください。

written by tamasen [この記事のURL]

2014年3月10日(月)

卒業おめでとう!平成25年度卒業証書授与式

穏やかな春の日差しに迎えられ、平成25年度卒業証書授与式が執りおこなわれました。保健看護学科、介護福祉学科、理学療法学科、作業療法学科の各卒業生が、喜びと期待を胸に新たな道へと巣立っていきました。

式典では高井校長が、

「我が国における75歳以上の人口は2025年までに急ピッチで増え、保健・医療・福祉の需要は急増することでしょう。そうなるとその現場は様変わりすることは想像に難くありません。その時皆さんは正に現場での中心的な働き手として国民の期待を一身に背負うことになります。その期待に応えるために、本校校是「学・術・道」の信条のもと本校で授けた学力を礎に、自ら職場の上司・先輩たちに積極的に教えを乞い、自己啓発に努力していただきたく思います。」と激励。

卒業生を代表して高橋千晶さんが、

「これから私たちは医療・福祉の従事者として社会に羽ばたいていきます。学生という殻を脱ぎ、一社会人として責任を持ちながら生活し、対象者の方々と関わらせていただきます。大きな不安や戸惑いもありますが、玉専での4年間を糧に、何事にも積極的に挑み、困難を乗り越えていきたいと思います。常に周りの人のことを考える気持ちを持ち、精一杯努力していきます。」と力強い謝辞で答えました。

卒業生ならびに保護者のみなさま、ご卒業おめでとうございます!



written by tamasen [この記事のURL]

2014年3月7日(金)

アニマルセラピー活動に参加!(介護福祉学科)

介護福祉学科の1年生が岡山理科大学専門学校にて「犬と人の共生!」という講義を受けました。動物看護、トリマー、ドッグトレーニング、動物の特性、関わり方、人間との共生について受講。動物との共生の体験談などを聞きました。

岡山理科大学専門学校でトレーニングを受けた10歳のラボラトリーの雌犬を連れてこられました。犬の感情は行動に出る、触られることを馴らしていくことが大切、犬も人間も気持ちは一緒ということを聞きました。実際に犬のしつけを先生が行い学生も体験。「前へ」「おすわり」と犬に言うと、その通りにしてくれました。みんなで犬を囲んでふれあいました。

体験をした幡多隆一君は「普段できない体験で心が癒された気がしました」と感想を述べていました。他の参加学生は「マイクロバスで移動している間は、遠足のようで楽しかった」、「動物と福祉の新しいつながりを発見できた」、「アニマルセラピー体験をして、施設で導入することで効果があると思った」、「アニマルセラピーの注意点や効果を聞いて、よい体験をして新しい知識を得ることができました」等の感想がありました。

学生にとっては普段にない体験で、よい学びになったようです。

(介護福祉学科・徳山ちえみ)


written by tamasen [この記事のURL]

2014年3月6日(木)

野球部卒業生引退試合!

今年度、卒業が決まった部員7名の卒業引退試合を3月6日(木)に中山公園野球場にて開催いたしました。

引退試合は4・3年生チーム対2・1年チームに分かれ行いましたが、今年卒業を迎えた4年生は、昨年岡山県専門学校スポーツ交流大会で初優勝した時の主力メンバーの年代ということもあり、久々のプレーにも関わらず、攻守ともに素晴らしいプレーが見られ、例年にない引き締まった引退試合となりました。

また今回の引退試合にはOBも2名が駆けつけ、引退に花を添えてくれました。顧問としてはサークルの意義である「野球を通じての交流」が図れ、これからも「交流」が末永く続くよう願っています。

野球部キャプテン 香川祐也君のコメント
4年間野球部に在籍させていただき、振り返ればほんとに楽しい時間を過ごさせていただきました。先輩方や後輩達とは、サークル内だけでの関わりだけでなく、学内や私生活でも深く関わることができたこと、自分達の代で初めて専門学校大会で優勝することができたことなど、多くのことが強く印象に残っており、本当に野球部に入って良かったと思っています。
「本当に野球部でよかった!!」

(軟式野球部 顧問 作業療法学科 竹村 篤)



written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨