tamasen blog

<< 前のページ

2014年4月23日(水)

生活支援技術](被服生活)の授業風景(介護福祉学科)

生活支援技術](被服生活)では、高齢者・障害者などの家庭生活支援の能力を養うために、基本的な縫い方など演習を通して身につけています。

本日の演習は基礎縫いでした。2コマ90分の授業で、なみ縫い、奥まつり縫い、千鳥がけ、普通まつり縫い、コの字まつり縫い、ボタン付け、スナップつけを行いました。2コマ目はミシン縫いをして、早くできた人は刺し子を行いました。

学生達は先生に聞いたり学生同士教え合って、真剣に授業に取り組んでいました。担当した先生から「みんな真面目に実習をしています。授業回数が少ないので、作品づくりまでできないのが残念です」と言われました。

森舜平君は「縫い物をするのは、中学校以来だったので、上手に縫うことができませんでした。普段、家でも縫う機会があまりないので、よい経験になりました。担当の先生も優しく指導してくださり、様々な縫い方ができるようになりました。今後は、教わった技術を活かし,服やボタンを自分で縫おうと思います」と言っていました。

幡多隆一君は「今回の授業で裁縫をして、自分が知っていたこととは違い、細い糸や針を使って縫うことが難しいと思いました。この授業で学んだことを職場や家でも活用していきたいと思いました」と言っていました。他の学生からは、「いろんな縫い方がある」、「下手でも縫うことにより達成感があった」、「教えてもらって縫いやすい方法がわかった」などの感想がありました。 原奈緒子さんは「きれいにできました」と言い、丁寧に縫った作品を見せてくれました。


written by tamasen [この記事のURL]

2014年4月13日(日)

新入生宿泊研修を実施!

玉野スポーツセンターで実施した宿泊研修に保健看護学科、介護福祉学科、理学療法学科、作業療法学科の新入生が参加しました。

初日の13日(日)は、全体研修で岡山県人権擁護委員会による「Happyな二人でいるために〜デートDVから考えよう〜」、非常勤講師の金盛祥泰先生による「本校で夢を実現するために」をテーマに講話を行いました。
DVの講座では「今日花をもらった」という詩の朗読の感想として「怖かった」、「相手のことを大切にするべきだと思った」等のアンケートの意見もあり、DVの怖さを改めて認識することができました。



午後からはオリエンテーリングの予定でしたが、あいにく雨のため体育館で各学科混合チームを結成しドッチボール大会を実施しました。


2日目の14日(月)のメイン行事は野外炊事で13班に分かれてカレー作りに挑戦しました。カレーの味はなかなか上出来だったようです。


宿泊研修を通して学科間を越えて新たな友達が増え、日常生活におけるマナーが身についたと思われます。






written by tamasen [この記事のURL]

2014年4月10日(木)

避難訓練、消火訓練および交通安全講習会を実施

 本校のカフェテリアで火災が発生したことを想定した避難訓練、消火訓練および交通安全講習会を行いました。これらの訓練等は、全学生、教職員を対象に行われる春の恒例行事の1つとして毎年行われます。

消火訓練では、玉野消防署予防課消防士藤田英里氏の講話を受けた後、実際に消火器を使用して行いました。消火訓練を2回体験した保健看護学科2年勝部なつみさんは
 「消火訓練の1回目は消火剤を放射した際に驚いて手を離してしまいました。2回目は反省を踏まえて上手くできたのでよかったです。今回の体験をしなかったら消火器を使えないままだったので、とてもためになりました。」とコメント。
万が一の時に対応できる仲間がまた1人増えたことは心強く喜ばしい限りです。


交通安全講習会では、よく起こる交通事故の事例をスクリーンに映し、事故の特徴、事故の原因、そして事故を起こさないための対策について説明が行われ、最後は安全運転に心がけ、自分の身は自分で守ることが重要との話で講習会が終わりました。

今年一年無事に過ごせることを期待しています。

written by tamasen [この記事のURL]

2014年4月4日(金)

ご入学おめでとうございます!平成26年度入学宣誓式

穏やかな春の日差しに迎えられ平成26年度入学宣誓式が執り行われました。保健看護学科17期生、介護福祉学科17期生、理学療法学科14期性、作業療法学科14期生が新たに玉野総合医療専門学校生として誕生しました。

式典では高井校長が

「みなさんは保健・医療・福祉専門職者になり、障害で困っている人や病気で悩んでいる人のために役に立ちたいという大きな夢を抱いてきました。夢を実現するために必要なこと、大切なことは、決めた目標に向かって一生懸命努力・チャレンジすることです。その先にみなさんがめざす夢が必ず見えてくるはずです。」と激励。

在校生を代表して学生委員会委員長・橋本明里さんが

「これからみなさんが通う学校は、保健・医療・福祉を学んでいきます。もし道に悩んだり、分からないことがあれば、いつでも声をかけてください。そして、多くの方々との関わりを通して、相手を思いやり、責任感を培い、心から信頼される専門職業人をめざして、玉野総合医療専門学校で共に歩んでいきましょう。」と新入生を迎えるお祝いの言葉を披露。

新入生代表の作業療法学科・木村千鶴さんは

「これから先、医療・福祉分野の第一線に立つという夢への道を歩んでいく上で、壁に直面することもあると思いますが、学びの環境に感謝して、出会った仲間を大切にして乗り越えていきます。」と力強く誓いの言葉を宣誓。保健・医療・福祉のエキスパートをめざして新たな一歩を踏み出しました。

新入生ならびに保護者のみなさま、ご入学おめでとうございます。ご参列いただいたご来賓のみなさま、ありがとうございました。



written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨