tamasen blog

<< 前のページ

2014年11月26日(水)

精神看護学実習を終えて(保健看護学科)

保健看護学科3年生では各専門領域の臨地実習を行います。精神看護学実習では、対象者とその家族への理解を深め、その人らしい生活の実現を支えるために、必要な看護を展開ができるよう学びを深めます。実習を終えた学生のレポートを紹介します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
精神看護学実習からの学び 保健看護学科 品川 太介

患者とのコミュ二ケーションの方法や患者と一緒に考えることの大切さ、家族アセスメントの重要性を学ぶことができた。

コミュニケーションでは、患者の希望、信頼関係構築のために親しみやすい言葉での会話を心がけた。そうすることによって現在では有効な信頼関係を構築できたと思う。また、コミュニケーションや関わりのときに気を付けたことは、優しく養育的態度で接すること認知行動療法的な関わりをすることだ。ダメなことはだめ、できたら褒めるということを心がけた。その結果、攻撃行動を深呼吸するなどで我慢している姿が見られ、褒めると口角が少し緩むなどの反応を見ることができた。上記の、深呼吸するなどは、攻撃行動の対処法として患者と私で考えた。一緒に考えることによって、患者に寄り添った対処法になり、患者も積極的に取り組めるということに気づいた。治すのは、患者本人であって、看護者はそれをサポートするだけだと思う。出来ているか出来ていないか評価し、患者が達成できるよう情報の提供などを行っていくことが大切になってくると考える。

次に、家族アセスメントについては、自己課題でもあったため特に力を入れて取り組めた。また、患者の年齢を考え、これからの長い人生を有意義に生活できるためにはどうすればいいのか、アセスメントしながら気づき学ぶことができた。家族アセスメントをするためには、エリクソンの発達段階に照らし合わせ対象者・その家族を理解することや家族からの具体的な情報収集・希望・要望などが大切になってくる。それらを反映することによって、退院後の生活を予想することができ、看護計画も退院に向けたものを立案できた。広い視野で患者をみることの大切さも同時に学ぶことができた。そうしておかないと、再燃のリスクや、症状を抱えたままでも日常生活を送ることが出来るような社会復帰に向けた看護が提供できないからだ。また、病棟の申し送り時やデイケア実習を通して他職種の重要性や訪問看護を通して、利用者の退院後の生活の実際を見ることができより深く精神看護を学ぶことができた。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


担当教員より
 学生にとってイメージしづらい精神症状を理解することは困難であるため、精神疾患が日常生活にどのように影響しているか、それを対象者がどのように受け止めているかについて、戸惑いながらも自己の振り返りを行いながら学ぶことができました。現在、地域連携や地域精神保健の重要性が指摘されるなかで、デイケア・作業所・訪問看護実習と経験させていただき、連携から協働という視点での学びに発展し、考えるきっかけとなった実習ではなかったでしょうか。今後の在宅看護論実習・地域看護学実習に活かしてほしいと思います。

(保健看護学科・石田実知子)

written by tamasen [この記事のURL]

2014年11月14日(金)

第3回キッズビジネスタウン玉野に参加!

玉野市教育委員会が主催して、玉野商業高等学校内で小学3年生から6年生を対象に仕事体験を実施しています。今年で3回目となり本校は2回目の参加でした。

高校生が主体的に子どもたちのまち『たまのの市』を作って、小学生に働く楽しさと大切さを学んでもらうイベント。仕事の体験をする側と、店や病院などを利用する側に分かれ、仕事を体験する側は働いた対価として仮想通貨をもらい、もらったお金で買い物をする内容です。



本校は「たまのの病院」に診察へ来た人を対象に血圧測定、体温測定、脈拍測定、握力測定の4種類を実施。小学生が実習衣を着てそれぞれの測定をする側とされる側になり、楽しんで仕事体験をしていました。来年もぜひ参加したいと思います。

(事務課長 本庄秀樹)

written by tamasen [この記事のURL]

2014年11月9日(日)

介護フェアに参加しました!

介護を頑張っている人、介護をされている人、介護を学んでいる人、まだ介護に関わってない人、それぞれの立場から一緒に介護を考えてみる『介護の日』(11月11日)。その日を前に、岡山県介護福祉士会などが主催する介護フェアの、養成校の学生によるアトラクションに、本校の介護福祉学科1年生と手話サークルが出演しました。

本校の介護福祉学科1年生は、認知症の人を理解し一緒に踊るダンス曲「いっしょに踊ろう」を手話で行いました。10月25日に行われた学校祭の後から初めて手話に挑戦したので、練習時間が少なかったこともあり、時々間違えることはありましたが、全員笑顔で行いました。その後、手話サークル「しゅわわ」が手話で「ひだまり」「WINDING ROAD 」を披露しました。「WINDING ROAD 」は、間奏が長いので、介護関係の言葉の手話を行いました。

初めて参加した1年生は、「練習時間が少ないと思うけど、みんなの頑張りでできてよかった。舞台に立つと思った以上に緊張したけれど、みんなで手話をしてとても楽しかった。練習以上にうまくできてよかった」などの感想がありました。
また、「他校はよく練習をしていると思った。感動した。他校のアトラクションの質の高さに驚いた。手話や踊り、劇、認知症の事例など各学校の工夫を見て、勉強になった。もっと努力をしようと思った。介護の日に関心が持てた。来年参加するのだったら、もっと難しいことをしたい」などの感想や来年に向けての思いがありました。
毎回、熱心に練習に参加した1年生の大塚さんは、「大勢の前で手話をしたことで、恥ずかしいという気持ちがありましたが、やり遂げた後の達成感のほうが大きかった」と感想を述べていました。



手話サークルの三原さんは「介護フェアの参加は2回目で、手話歌を間違えたところがありましたが、楽しくできたので良かったです。他校のアトラクションがとても楽しかったです。今、実習に行っているので、認知症の事例を見てとても感動しました。私も今の実習を一生懸命頑張り利用者さんに良いケアプランを作って実施したいと強く思いました」と感想を述べ、実習への思いを巡らせていました。



初めて手話を行った1年生の指導をしてくださった大倉先生からは、「手話って??音声言語と違って、目で見る言葉を経験することが初めての人が大部分だったことでしょう。最初は戸惑ったことでも、意味をしっかり伝えたい!!そんな一生懸命な姿はとても美しく相手に伝わります。初舞台で披露した手話は、落ち着いており大変良かったと思います。この経験を基礎とし、相手を思いやる気持ちを忘れることなく、新しいことにチャレンジを続け大きく成長してくださることを願っております」と、未知への挑戦をする学生達の成長に期待の言葉をいただきました。

(介護福祉学科 徳山ちえみ)

written by tamasen [この記事のURL]

2014年11月7日(金)

優勇祭クラス対抗王座決定戦 優勝祝賀会でBBQパーティー開催!(理学療法学科)

10月24日に開催された優勇祭クラス対抗王座決定戦において、理学療法学科1年生が見事グランプリを受賞しました!
その優勝祝賀会とクラス親睦を兼ねて、BBQパーティーを本校グラウンドで開催。炭火で焼いた美味しいお肉や野菜を、心いくまで堪能しました!



火起こしを率先して行ってくれた末吉宏次君のコメント。
「4月に行われた宿泊研修校歌斉唱大会でも理学療法学科1年生が優勝しており、今回で2度目の栄冠に輝くことができました。今回グランプリを獲得できたのも、映像・ダンスそれぞれ担当の人が考えに考えて、趣向を凝らし、また誰一人として手を抜くことなくクラス一丸となって頑張った結果だと思います。今後は日々の勉強でも意識を高く保ち、3年半後の国家試験を全員揃って合格できるよう支え合って頑張っていきます!」

優勇祭クラス対抗戦で1年生が優勝したのは史上初の快挙!校歌斉唱大会に続いて、今回もクラスの団結力の強さがうかがえる結果となりました。目指せ、優勇祭クラス対抗戦3連覇!

この団結力を、学業を含め今後の学校生活に活かしましょう。

(理学療法学科 本多 史明)


written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨