tamasen blog

<< 前のページ

2016年5月22日(日)

第1回オープンキャンパス開催!!

平成28年度第1回オープンキャンパスを5月22日(日)に開催いたしました。当日は晴天に恵まれ、絶好のオープンキャンパス日よりとなりました。



今回のテーマは、「職業理解を深める!」。医療に携わる方々の仕事内容について、1日体験入学にて理解を深めてもらいました。

1日体験入学の入学式を終えた後、1人の患者さんに対する医療現場を再現した
寸劇を行いました。患者さん、その家族の方に携わる医療職(医師・保健師・看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士)によるチーム医療の再現を教職員の劇にて紹介しました。



また、学食体験や学生寮の見学、各学科の体験実習を行い、参加者からは、「それぞれの業種について、寸劇をとおして理解できた」「看護学生が優しく接してくれて、とても楽しかったです。施設も充実していて先生方も優しい方ばかりで学校生活が楽しく送れそうな印象を受けました。」「理学療法と作業療法の違いや仕事内容が詳しくわかりました」などの感想をいただきました。




次回のオープンキャンパスは6月25日(土)に開催予定です。在学生と交流するイベントやAO入試の説明会も開催します!ぜひタマセンを実際に見に来て、体験してください!
各方面からの無料送迎バスもどうぞご利用ください。


written by tamasen [この記事のURL]

2016年5月22日(日)

野球部が練習試合を行いました!

野球部練習試合
 5月22日(日)本校野球サークルがIPU環太平洋大学軟式野球サークルチームと練習試合を行いました。



昨年にも練習試合で対戦させていいただきましたが、今回も守備の引き締まった試合展開となり、来月から始まる岡山県専修学校スポーツ交流大会予選に向け、良い練習となりました。


予選は6月4日(土)上道公園野球場10時プレーボール予定ですので、ご声援よろしくお願いいたします。
野球サークル顧問 竹村 篤

written by tamasen [この記事のURL]

2016年5月20日(金)

車椅子体験を実施(作業療法学科)

 5月20日(金)本校作業療法学科3年生は「作業療法技術論(福祉用具)」の一環として、車椅子体験を実施しました。


大半の学生が初めて車椅子体験で、車椅子での外出の大変さが身に染みる1日となりました。
実際に体験することで、対象者や介護者の気持ちに寄り添える作業療法士になることに近づいていけます。今後も知識と技術のみならず、医療人として大切なものをこの玉野総合医療専門学校で学んでください。
作業療法学科 教員 竹村 篤

written by tamasen [この記事のURL]

2016年5月11日(水)

5月11日(水)介護福祉学科の学生が、授業の一環でデイキャンプを行いました。

5月11日(水)介護福祉学科の学生が、授業の一環でデイキャンプを行いました。

1,2年生の交流とレクリエーションの楽しさを知り、地域の人たちと交流することを目的に行いました。連日の雨で運動場が使用できなかったため、体育館で学生が考えたレクリエーションを行いました。
準備運動のストレッチの後、「バレートス回し」「けいどろ」「ジャンケン列車」「手つなぎ鬼」「しっぽ取り」「花いちもんめ」など休憩を交えながら行いました。
「けいどろ」や「手つなぎ鬼」では、皆、鬼(警官)にタッチされないように走り回っていました。
「花いちもんめ」では、ジャンケンをして勝った方のグループに入りますので、半分以下になったグループもありましたが、10分後には、同じくらいの人数になっていました。

最後に、レクリエーション担当の山本先生がクールダウンとして「ふるさと」の歌に動作をつけていました。

昼食は、バーベキューを行いました。
火おこしは、着火剤、新聞紙、落ち葉、割り箸など利用し工夫していました。時間をかけて火をおこし、各自準備してきた肉や野菜を焼いていきました。デザートまで準備しているところがありました。片づけは、全員が協力して行いました。

午後からはグラウンドで、玉野市ペタンク協会の方々が来られて、学生達にペタンクを教えてくださいました。誰でも簡単にできるニュースポーツです。『ビュット』を投げ、その近くにボールを投げて、一番近くにボールを投げたチームに得点が入ります。初めて行う学生もおり、教えてもらいながら楽しんでいました。ペタンク協会の方々も、学生に教えることを楽しまれていました。

今回実行委員をした2年生の藤井君は、「自分たちで計画したレクは楽しかった。レクリエーションとバーベキューを通して1,2年生が仲良くなれた。自分から楽しむことで、他の人を楽しませることができることが分かった」と感想を述べていました。
初めて参加した1年生の藤原さんは、「レクリエーションが楽しかった。みんなで楽しく交流することができて、いろいろな話をすることができた」と、感想を述べていました。
学生達は、学生が考えた様々なレクリエーションやペタンクを楽しみ、バーベキューで交流をして、仲良くなったようです。今後は、人を楽しませることができる人になってもらいたいです。(介護福祉学科 徳山)


written by tamasen [この記事のURL]

2016年5月7日(土)

第十八回 宣誓式「道」(保健看護学科)



5月7日(土)に行われた宣誓式「道」は、改めて自己を振り返り、看護の専門職業人になるための自覚を高め、未来へ向かってしっかりと歩んでいくための式典です。




記章を授与され、看護の意志を受け継ぐ意味を込めたキャンドルサービス、ナイチンゲール誓詞の合唱を行い、2年生全員で誓いを新たにしました。




記章を受けた学生からは、「気持ちを新たに頑張ろうと思った。」「日々の学習を大切にし、知識や技術を習得したい。」「自分達で考えた誓いの言葉を忘れずに成長したい。」など感想がありました。




誠実に人と向き合い信頼される保健師・看護師に育ってくれるよう、教職員皆でサポートしていきます。

2年コーディネーター:東 早智子

written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨