tamasen blog

<< 前のページ

2017年6月26日(月)

平成29年度特待生表彰式

本校では、学業が優秀で健康かつ良識ある学生に対し、学業支援として授業料の半額を免除する特待生制度があります。

保健看護学科、介護福祉学科、理学療法学科、作業療法学科の各学科2〜4年生から合計10名が特待生として認定されました。





採用通知を授与された保健看護学科2年生の松田和也さんは、
「看護師になりたいという目標をもち、1年間努力してきたことが、このような結果につながり大きな自信になりました。自身が過信になることなく、来年もこの場に立てるよう、これからも高い目標をもって努力していきます。副校長と貴重な写真を撮ることができて嬉しいです。」とコメント。



また、作業療法学科4年生の吉村光一さんは、
「今回、特待生に選出されて、とてもうれしく思っています。これからも患者様やその家族の方に信頼されるような作業療法士を目指し、実習や国家試験対策を頑張りたいです。」とコメント。


認定された学生の皆さん、おめでとうございます。
充実した学生生活を送れるよう切磋琢磨し、学業・私生活ともに励んでください。



■特待生選出学生■

保健看護学科
   4年 原田 朗代さん
   3年 桑村 美希さん
   2年 松田 和也さん

介護福祉学科
   2年 藤原 光さん

理学療法学科
   4年 西ア 里緒さん
   3年 山本 敦士さん
   2年 津川 颯志さん

作業療法学科
   4年 吉村 光一さん
   3年 畑 大介さん
   2年 鶴身 香奈さん


written by tamasen [この記事のURL]

2017年6月24日(土)

第2回オープンキャンパスが開催されました!

平成29年度第2回オープンキャンパスが6月24日(土)に開催されました。




今回は、AO入試説明会や模擬体験授業、職業ミニ体験などのイベントを行いました!!!


はじめに、2班に分かれての学校紹介が行われました。



タマセンのAO入試説明会では、提出書類や面接対策などの話を中心に説明を行い、高校生はメモを取りながら真剣に聞いていました。




職業ミニ体験では、興味のある学科だけでなく、他の学科のことも知ってもらうことを目的に一つの部屋で行われました。





学食無料体験では、在学生と普段の学生生活や、部活のことなど楽しく会話をしながら食事をしていました。





午後からは、学科説明や模擬体験授業が行われました。
それぞれの学科の理解や授業内容などをしっかり理解していただけたのではないでしょうか。





特に今回は、作業療法学科で家庭用ゲーム機を使ったリハビリ体験を行い、盛況だったように思います(任天堂Wii®を使用)。




参加者からは「環境もよく、すごく勉強しやすい所だと思います。先生方や生徒さんはとても明るくすごく接しやすかったです」、「AO入試説明会で面接時のポイントなど細かく説明してもらい、不安が解消されました」、「職業ミニ
体験で様々な学科のことを体験できてよかった」などの感想をいただきました。




次回のオープンキャンパスは7月22日(土)に開催予定です。ぜひタマセンを実際に見に来て、体験してください!


written by tamasen [この記事のURL]

2017年6月23日(金)

総合臨床実習T期 症例発表会を開催! (理学療法学科)

6月22日(木)、6月23日(金)の2日間にわたり、総合臨床実習T期の症例発表会を実施しました。
理学療法学科4年生は4月10日から6月17日までの10週間の実習を終え、担当した患者様の報告を行いました。4年生は他者の発表を真剣に聞き、活発な質疑が交わされました。

発表会に参加した3年生は1年後の自分を想像しながら聞いているようでしたが、先輩たちの堂々とした発表に圧倒され、質問はなかなか難しかったようです。


以下、学生のコメントです。

「T期の実習が終わり、担当させて頂いた患者様への評価、治療経過、考察を報告しました。学生同士で意見交換をすることで、様々な疾患の知識を深めることができ、非常に有意義な報告会となりました。控えているU期の実習では、T期で学んだ事を活かすと共に更なる臨床的な技術・考え方を学んでいけたらと思います。」
(理学療法学科4年 高井隼人くん)

「臨床実習T期を終えて、症例報告を行いました。実習では患者様と向き合い、患者様のdemandを考慮して治療を行う大切さを学ぶことが出来ました。症例報告では学生同士で活発な意見交換することで、知識、理解を深めることが出来ました。また、症例報告を通して不十分であった項目や改善点を見つけることができ、とても有意義なものとなりました。この症例報告で得られたことを、7月から始まる臨床実習U期で活かしていきたいと思います。」
(理学療法学科4年 有松悠さん)

今回の実習では初めて患者様に治療を実施し、理学療法のやりがいを感じることができたことと思います。同時に治療を行うにあたっては、知識不足や技術不足を痛感したり、思うように進まなかったりと苦悩を感じることもあったようです。

U期の実習ではT期の経験を踏まえ、向上心を持ってさらに積極的な行動を期待しています。





               理学療法学科4年担任 本多 史明

written by tamasen [この記事のURL]

2017年6月15日(木)

義肢装具学演習 採型実習(理学療法学科)

6月15日(木)3、4限に、短下肢装具の採型実習を行いました。この実習は、3年生の科目である装具学で学習した短下肢装具の理解を深める事を目的に、例年この時期に橋本義肢製作会社の協力を得て、義肢装具士の先生を招いて実施しています。

まず、義肢装具士の先生から説明を受けながらデモンストレーションを見学した後、実際に採型実習を行いました。初めて手にするギブスに、手順を間違えるなど苦戦しながら終える事ができました。最後には義肢装具士の先生から各々寸評をしていただきました。

今回の実習の体験を今後の講義へ、また将来、理学療法士として活躍する糧としてもらいたいと思います。






教科担当教員 藤原 直

written by tamasen [この記事のURL]

2017年6月12日(月)

基礎作業学実習 講義の様子


作業療法学科2年生では,6月から革細工(レザークラフト)の授業がスタートしました。
課題作品(コースター作り)と自由作品の2つを作成します。



今日はコースター作りです.
課題作品であってもオリジナリティーあふれる作品ばかりで,見ていて楽しいです.








将来,対象者の魅力を最大限に引き出せる作業療法士になってくれるといいなあと思います。
楽しみです!







作業療法学科 
革細工担当 渡辺真紀

written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨