tamasen 校長ブログ

2016年08月の記事

<< 前のページ

2016年8月27日(土)

16.08オリンピック


リオデジャネイロオリンピック

今は学校の夏休みが終わり、通常勤務にもどっている。今年の夏休みで昨年までと違ったのは、リオデジャネイロオリンピックが開催されたことである。私は、基本的には、あまりテレビを観ない。しかし、ニュース、ネイチャーもの、スポーツは良く観る。ただし、スポーツは録画を観るのが通例である。
ライブで観ると、長い・観ながらアルコール量が増える・ドキドキして心臓に悪い・自分が観ていると贔屓が負ける気分がする----など、たくさんの理由がある。多くの人からは賛意をいただけると思うが、絶対ライブと言う友人もいる。絶対ライブと言われるとそのとおりであろう。
 

とにもかくにも、夏休みの間に、多くの競技をテレビで観戦したのである。録画で観ても、長い時間を要し、かなり睡眠不足であったし、運動不足でもあった。ただし、岡山の夏は暑い。昼間に出歩くと熱中症になりかねない。今年の夏休みはエアコンのきいた部屋でオリンピック観戦&アルコールがベストであった。運動不足なので、昼に庭の手入れを半日していると、水を補給していたつもりであったが、手が少し震えてきた。慌てて、屋内退避をしたのである。

 今回のオリンピックで、全体結果としては、日本は万々歳であろう。金12・銀8・銅21である。素晴らしい活躍であった。
特に、皆さんもそうと思うが、水泳・卓球は全体的に日本選手の頑張りと熱気が伝わってきた。

私の個人的興味では200m平泳ぎで金藤理絵選手が金メダルに輝いたのは素晴らしい。わるいが、あまり期待をしていなかったのでビックリである。決勝では最後はかなり悠然と勝ったように見えた。1992年バロセロナの岩崎恭子さん以来と聞いて余計にビックリである。

個々で素晴らしかったのは、やはりバドミントンの女子ダブルスと男子400mリレーである。
バドミントンは厳しいスポーツである。球技の中で個人の運動量が多いのは、バドミントン・卓球・サッカーと思っている。これらは、運動量とともに、俊敏さ・動体視力・狡さが必要である。日本は昔からバドミントンは強かったと思うが、インドネシアや中国に負けて、金メダルはとれていなかった。今回が初めてである。新しい力・潮流を感じた。今後も頑張って欲しい。

男子400mリレーの銀メダルに至っては出来すぎと言ったら怒られるであろうか。出場した個々の記録では100mで10秒を切った選手はいない。400mリレーでは4人で37.60秒である。どうなっているのか。ミラクルである。東京オリンピックでも頑張って欲しいが、金を期待するのは期待しすぎと思っている。

 最後に、文句を言いたい。一つはサッカーである。私は、前校長の高井先生と同じく、大学時代はサッカー部に所属していた。サッカーはやるのも観るのも好きである。この齢ではやるのは無理があるが。
日本サッカーチームは出場前にはマスコミで大きく取り上げられていた。オリンピックでの試合ではボロボロである。オリンピックサッカーでは基本は23歳以下の年齢制限があるが、それを考えても、出場前にマスコミの書いた状況からすれば、ボロボロであった。
試合の数時間前にようやく到着したナイジェリアに4-5で負けである。ナイジェリアは強いのである。最終的には3位であった。と言うより、日本のサッカーはまだまだ強くはない。
マスコミはおだて過ぎである。基本的な守りのシステムが機能していなかった。私は、感情的にカッとなることは少ないが、この試合では度々カッとなった。日本は、まだまだ個人技を高くしていく必要があると感じる。また、もっと泥臭く、当たり負けしないサッカーをしてほしい。
きれいごとでは勝てないのである。そして、日本サッカーの生命線はやはり守りのシステムと思う。東京オリンピックでは頑張って欲しい。もちろん、その前に、A代表でのワールドカップを頑張って欲しい。

 もう一つの文句は、リオデジャネイロオリンピック開催・運営そのものでの問題点である。開催前は「設営が間に合わない」「治安が最悪」などの報道が多かった。卓球の福原選手が自分でトイレを直したとか報道された。
大きな問題がなく無事に終わったのであれば良いのである。しかし、実際の運営ではどうだったのであろう。
事前の状況と実際運営の問題を明確に調べて、報道する必要があると思う。そうしなければ東京オリンピックの準備にも役立たないであろう。終わりよければ、すべてよし、ではないのである。


 文句は言ったものの、日本人としては、楽しいオリンピックであった。東京オリンピックに向けて、準備を進めて欲しい。東京という街の主催であるが、国が開催するとの感覚が強い。オリンピックが済んだ後の有効利用を十分考えて、計画して欲しい。国と東京都が良く協議をして、必要で十分な費用は出すべきと思う。

written by principal [この記事のURL]

<< 前のページ

tamasen 校長ブログ

MySketch 2.7.4 written by 夕雨