保健看護学科 4年制/男女/定員40名

VOICE

在校生

保健看護学科 3年生

大野 晃季加さん
香川県立琴平高校出身

私がタマセンを目指すことになったきっかけは、オープンキャンパスでした。教室以外にも、学生ホールや図書館などに勉強できるスペースがあり、学習環境が整っていると思いました。また、先輩や先生方が明るい雰囲気であることも魅力的でした。
入学し、学習・実習とすごく大変です。しかし、小さな変化にも気づいてくれる先生や仲間に支えられ、頑張ることができています。実習で学んだことは、患者様との出会いは「一期一会」ということです。そのため、実習で患者様と関わる一瞬一瞬を大切にして、私にできる最大限の援助をしていこうと思いました。
私の思い描く看護師像や人との出会いを大切にして、同じ目標をもつ仲間と共に看護師になれるよう励んでいきたいと思います。

大野 晃季加さん

卒業生

保健看護学科 2016年度卒業

船曳 結花さん
岡山ろうさい病院 勤務

タマセンを卒業後、岡山ろうさい病院に就職し、ICUで働いています。最初は右も左も分からず先輩に教えてもらうばかりで余裕のない日々を送っていました。しかし徐々にできることも増え、患者様や患者様のご家族の方からたくさんの「ありがとう」という言葉をもらうと、看護師になって良かったと実感します。
学生の頃とは違い、実際に医療現場で働くことで命の尊さや現場の厳しさ・大変さなどを身をもって実感しますが、とてもやりがいのある仕事だと思っています。
タマセンで培った「看護師・保健師」両方の知識を活かしてこれからも頑張ります。

伊藤 有希さん

先生

保健看護学科 専任教員

三浦 都子先生

近年、国民の医療への意識が高まり、看護職に対する期待も大きくなっています。また、保健医療福祉サービスの内容、方法、場の多様化が進み、看護職には他職種との連携や役割の拡大などが期待されています。
世界のどの国も経験したことがない超高齢・人口減少社会に対応していく看護職には、知的・倫理的側面や専門職として望まれる高度医療への対応、生活を重視する視点および看護の発展に必要な資質・能力が求められます。いかなる状況に対しても、知識、思考、行動というステップを踏み、最善の看護を提供できる人として、同じ志をもつ仲間と共に、美しくしなやかに 力強く成長していきましょう。

三浦 都子先生