作業療法学科 4年制/男女/定員40名

1WEEK 3年次時間割例

時間割表

学びのポイント

POINT❶優しさと共感性を身に付けた
エキスパートを目指して!

専門的な知識・技術を習得すると同時に学生一人ひとりの感性を磨き、思考力を養い、そして表現力を高める教育を心がけています。対象者の方と同じ視線に立つ心とコミュニケーション能力を深めます。

POINT❷経験豊富な各分野の専門家が、
専門知識・技術を教授

経験豊かな講師陣と臨床現場で現在活躍されている作業療法士を講師として迎え、各分野の専門知識・技術を教授しています。実習施設数も充実しており、信頼できる指導者のもと臨床実習を行っていきます。

POINT❸県内唯一の4年制!!

数多くある養成校のうち、岡山県内で4年制の専門学校は本校のみ。座学と実習をバランスよく取り入れた内容になっており、課外活動や行事も多く、充実した学生生活を送ることができます。

カリキュラム紹介

1年次 自己管理能力の習得

基礎学力の向上や基礎分野の知識習得を目的に、確認試験などを行いながら授業を進めていきます。また、社会人・医療人を目指すにあたって重要となる自己管理についての個別指導も行っています。

Pick Up 授業

筋・骨系解剖学実習

人体の詳細な構造について、立体的に捉えられるようになることを目標にしています。興味を持って、覚えることができるように模型や図を用いて学びます。

1年次のカリキュラム

  • 倫理学
  • 教育学
  • 心理学
  • 情報科学(受信と整理)・(データ解析と発信)
  • 職能開発論
  • 文章表現法
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉学
  • 生物学
  • 人間関係論
  • 英語
  • 医学英語
  • スポーツ科学(実技含む)
  • 人と地域の交流Ⅰ
  • 骨・靭帯・筋系解剖学
  • 脈管・神経系解剖学
  • 感覚器・内臓系解剖学
  • 筋・骨系解剖学実習
  • 神経系解剖学実習
  • 基礎生理学(動物性機能)・(植物性機能)
  • 運動学(総論)・(上肢・下肢)・(体幹・歩行・姿勢)
  • 精神医学(総論)・(各論)
  • リハビリテーション概論
  • リハビリテーション医学
  • 作業療法概論Ⅰ・Ⅱ
  • 救急救命法

2年次 学生生活を楽しむ

対象者の方の生活に関わる作業療法士にとって「楽しむ」ことは重要なキーワード!!2年次では、学習だけでなく学校行事や部活動など多くの経験を通して、学生の自主性、協調性、責任感、連帯感を育みます。

Pick Up 授業

作業療法評価学・演習

作業療法の視点から人の生活を評価できるようになることを目標にしています。対象者の方に関する情報の入手から分析・解釈していく過程を学びます。

2年次のカリキュラム

  • 生理学演習
  • 病理学
  • 人間発達学(誕生から学童期まで)・(思春期から老年期まで)
  • 運動学実習
  • 内科学(循環器・呼吸器・消化管)・(消化器・血液・内分泌・代謝・腎疾患等)
  • 整形外科学-総論及び四肢の骨・関節疾患(各論)・脊椎及び四肢外傷
  • 臨床神経内科学Ⅰ・Ⅱ
  • 小児科学
  • 環境感染症概論
  • 外科学(脳外科含む)
  • 精神医学(理論)・(疾患)
  • 臨床心理学(要説)・(特講)
  • 基礎作業学Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎作業学実習(手工芸)・(陶芸・木工)
  • 基礎作業学演習(作業分析)
  • 作業療法評価学(基礎)・(評価法)・(応用)
  • 作業療法評価学演習(検査測定/基礎)
  • 作業科学Ⅰ
  • レクリエーション理論

3年次 臨床実習に向けて

実習に向けて、繰り返し実技練習や定期的に実技試験を行うことで技術の習得を目指します。また、グループワークで情報を共有し、個々の成長を促しながら臨床現場に対応できる実践力を養います。

Pick Up 授業

作業療法技術論・演習

生活を支援する専門家として、日々の生活場面において必要な考え方、活動内容、制度などを知り、作業療法士の役割について学びます。

3年次のカリキュラム

  • 作業療法評価学演習(身体障害領域)・(精神障害領域)・(検査測定/応用)
  • 作業療法研究法
  • 身体障害作業療法学(脳血管疾患/基礎)・(脳血管疾患/実践)・(整形・神経系疾患)
  • 身体障害作業療法学演習
  • 精神障害作業療法学Ⅰ・Ⅱ
  • 精神障害作業療法学演習
  • 発達障害作業療法学(基礎)・(小児発達障害学)
  • 発達障害作業療法学演習
  • 作業科学Ⅱ
  • 義肢・装具学Ⅰ・Ⅱ
  • 作業療法技術論(ADL)・(福祉用具・住宅改造)
  • 作業療法技術論演習(ADL)・(福祉用具・住宅改造)
  • 老年学
  • 老年期障害作業療法学
  • 老年期障害作業療法学演習
  • 地域作業療法学Ⅰ
  • 臨床評価実習
  • レクリエーション演習
  • 人と地域の交流Ⅱ

4年次 国家試験対策

病院や施設など実際の現場で実習を行います。実習終了後は国家試験に向けてグループ学習で、共に課題に取り組み、クラス全体の成績を高めていきます。加えて教員が手厚く対策授業を行うことで更なる成績の向上を目指します。

Pick Up 授業

総合臨床実習

臨床実習指導者のもと、近い将来作業療法士として対象者の方に接する際に必要な基本的知識、技術、態度を身に付け、作業療法プロセスを適切に行えることを目標にしています。

4年次のカリキュラム

  • 作業療法特論/共通領域
  • 作業療法特論/専門領域(身体障害)
  • 作業療法特論/専門領域(精神障害)
  • 地域作業療法学Ⅱ
  • 総合臨床実習
  • リハビリテーション工学