作業療法学科 4年制/男女/定員40名

実力で磨く実践力

臨床実習はもちろん、
学内での実習にも力を入れています。

1年次には専門基礎分野を学び、2年次では一般臨床医学と結びつけ、3年次には作業療法に関する専門的な知識・技術を習得します。その時々に必要な実技・実習を取り入れ、実践に即した学習を行っています。

主な実習先

実習期間

実習期間表

模型などを用いてリハビリの
基本を学ぶ

リハビリテーションの基本となる、身体の構造や形態・身体の動きについて、模型を用いたり、自分の身体を動かしたりすることによって学んでいきます。そして、得た多くの知識を活用しながら、繰り返し練習することでより理解を深めます。

より実践的な実技・実習

臨床実習や臨床場面に向けて、実際の作業療法の検査・治療場面を想定し、より実践的な実技・実習を行っています。

実習にかかる費用は
学校が負担

実習期間は、アパートなどの宿泊施設を利用することが多くなりますが、本校では学生支援を目的として、宿泊・宿舎までの移動費・実習費のすべてを負担しています。
※定期券等通学費は自己負担となります。