理学療法学科 4年制/男女/定員40名

1WEEK 3年次時間割例

時間割表

学びのポイント

POINT❶「人として、医療人として、理学療法士として」
その頂を目指して

確かな知識、技術の習得はもちろんのこと、患者様やご家族の気持ちに寄り添える豊かな人間性を育む教育にも力を入れています。学内では学生と教員が良好な関係を築き、学科・学年を超えた学生同士の交流も盛んに行われています。

POINT❷
本校独自のカリキュラム
アスレチック・リハビリテーション学

理学療法の専門分野でもある、スポーツ分野の専門知識・技術を身に付けます。単なる機能訓練だけではなく、機能アップなどにも貢献する「アスレチック・リハビリテーション学」など、本校独自のカリキュラムに多くの学生が興味を持ち、そのスペシャリストへの道を目指しています。

日本体育協会公認 アスレチックトレーナーとして活躍している卒業生もいます

POINT❸4年制のメリット!

国家試験受験資格に必要な規定科目を4年間で習得するため、充実したカリキュラムとなっており、長期の実習を行えます。なお、大学と同等の教育内容が認められた本校では、卒業時に高度専門士の称号が付与され、大学院へ直接進学することも可能です。

カリキュラム紹介

1年次 学習支援(リメディアル教育)

基礎学力向上や基礎科目の定着を図ることを目的にリメディアル教育をはじめ、少人数での補習を取り入れています。また、職業理解、モチベーション向上を目的に病院見学を早期に取り入れています。

Pick Up 授業

理学療法基礎評価学演習

専門分野に該当する本科目は1年次後期から配置されており、実際のリハビリの現場を想定し、実際の患者評価を学生同士で体験しながら学びます。

1年次のカリキュラム

  • 倫理学
  • 教育学
  • 心理学
  • 情報科学(受信と整理)・(データ解析と発信)
  • 職能開発論
  • 文章表現法
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉学
  • 生物学
  • 人間関係論
  • 医学英語
  • 英語
  • スポーツ科学
  • スポーツ科学演習
  • 人と地域の交流Ⅰ
  • 脈管・神経系解剖学
  • 骨・靭帯・筋系解剖学
  • 感覚器・内臓系解剖学
  • 人体解剖学演習
  • 基礎生理学(動物性機能)・(植物性機能)
  • 基礎運動学
  • 運動学(上肢・下肢)・(体幹・歩行・姿勢)
  • 精神医学総論
  • 精神医学各論
  • リハビリテーション概論
  • リハビリテーション医学
  • 理学療法概論
  • 理学療法各論
  • 理学療法基礎評価学概論
  • 理学療法基礎評価学演習Ⅰ
  • 救急救命法(実技を含む)

2年次 国家試験対策(基礎)

基礎科目が定着することで、専門科目の学習がスムーズになります。グループ学習を取り入れ、人に教えることで、確かな知識が定着すると考えています。2年次から国家試験合格を見据え、早期から準備を進めていきます。

Pick Up 授業

基礎運動療法学演習

2年次になると、より専門的な科目が加わります。中でも演習(実技)の時間が多くなります。演習では実際に現場で実施されている理学療法を模倣、体験しながら学びます。

2年次のカリキュラム

  • 表面解剖学演習
  • 生理学演習
  • 病理学
  • 人間発達学(誕生から学童期まで)・(思春期から老年期まで)
  • 運動の神経生理学
  • 大脳の神経生理学
  • 内科学(循環器・呼吸器・消化管)・(消化器・血液・内分泌・代謝・腎疾患等)
  • 整形外科学総論及び四肢の骨・関節疾患(各論)
  • 整形外科学脊椎及び四肢外傷
  • 神経内科学
  • 神経内科診断学
  • 小児科学
  • 外科学(脳外科含む)
  • 環境感染症概論
  • 老年期障害学特論
  • 臨床心理学要説
  • 臨床心理学特講
  • 基礎運動療法学
  • 基礎運動療法学演習
  • 理学療法基礎評価学各論
  • 理学療法基礎評価学演習Ⅱ
  • 動作分析学
  • 動作分析学演習
  • 物理療法学
  • 物理療法学演習
  • 地域理学療法学概論
  • 地域理学療法学各論
  • 地域理学療法学実習(学内実習を含む)
  • レクリエーション理論
  • レクリエーション演習

3年次 客観的臨床能力試験(OSCE)

実習に向けて、評価技術の習得を目的に客観的臨床能力試験を実施しています。検査測定の意義、意味を理解し、臨床場面で正確に検査測定を実施できる能力を身に付けられるよう繰り返し指導を行います。

Pick Up 授業

アスレチック・リハビリテーション学演習

スポーツ障がいにおける治療体操、処置や予防としてのアイシングやテーピング療法など、実際の体験を通して学んでいきます。

3年次のカリキュラム

  • 理学療法研究法
  • 理学療法臨床評価学
  • 理学療法臨床評価学演習
  • 運動系理学療法学
  • 運動系理学療法学治療学
  • 運動系理学療法学演習
  • 運動系理学療法学治療学演習
  • 脳血管障害理学療法学
  • 神経難病理学療法学
  • 脳血管障害理学療法学演習
  • 神経難病理学療法学演習
  • 循環系理学療法学
  • 呼吸系理学療法学
  • 循環・呼吸系理学療法学演習
  • 小児正常発達理学療法学
  • 小児系理学療法学
  • 小児系理学療法学演習
  • スポーツ外傷・障害学
  • アスレチック・リハビリテーション学
  • アスレチック・リハビリテーション学演習
  • 日常生活活動学
  • 日常生活活動学演習
  • 義肢学(切断を含む)
  • 装具学
  • 義肢・装具学演習
  • 生活環境論
  • 臨床評価実習
  • 人と地域の交流Ⅱ

4年次 4年制課程の集大成

総合臨床実習では実践力を身につけ、卒業論文の作成では研究のノウハウを、さらには国家資格取得に向けて、模擬試験の実施や特別授業を開講し、教員一丸となってサポートしています。

Pick Up 授業

理学療法研究法演習

3年次の理学療法研究法で研究の意義を学び、その後卒業論文の作成を進めていき、4年次でその集大成として研究発表会を行います。

4年次のカリキュラム

  • 理学療法研究法演習
  • 理学療法特論
  • 地域理学療法学特論
  • 総合臨床実習
  • リハビリテーション工学