tamasen blog

<< 前のページ | 次のページ >>

2019年4月3日(水)

卒業論文発表会を開催!

理学療法学科4年生は、3年生前期から6つの研究グループを結成し、それぞれ研究計画を立て、研究を進めてきました。そして、その集大成として卒業論文研究発表会を開催しました!

発表会には理学療法学科の教員と3年生も参加し、活発な質疑が交わされました。講義の合間に多くの文献を手に取り、条件を整えながら実験・調査を進めて行くことは大変な時間と労力を要します。思うように論文作成を進めることができないこともありましたが、お互いに知恵を出し合い、協力して発表会まで終えることが出来ました。今後は、9月の卒業論文集発行に向けて、論文の校正を行っていく予定です。



以下、学生コメント

【理学療法学科 4年生 川口里佳子】
約1年かけて、卒業研究を行ってきました。何度もグループで話し合いを行う中で理解も深まり、自分たちの考えをしっかり発表することが出来ました。反省点などありますが、研究の流れを理解することが出来ました。

【理学療法学科 4年生 北川樹】
各グループで研究テーマを決め、研究を進めてきました。限られた時間の中で研究を行うことは大変でしたが、放課後や休日にも集まり、みんなで協力し良いものを作ろうと頑張ってきました。今日の発表会では、自分たちの考えが少しでも上手く伝わるように工夫しました。
4年間の集大成として、とても良い発表が出来たと思います。



理学療法学科
4年生担任 佐々木裕司

written by tamasen [この記事のURL]

2019年3月10日(日)

ご卒業おめでとうございます(保健看護4年)


ご卒業おめでとうございます。







どんな仕事でも喜んで引き受けてください。
やりたくない仕事も、意に沿わない仕事も、
あなたを磨き強くする力を秘めているからです。

稲盛和夫の名言(日本の実業家、京セラ、KDDIの創業者 / 1932〜)




みんなの笑顔が最高!!
みんなで一緒に、明るい未来を築いていきましょう!

 2019年3月10日
 保健看護学科 三浦

written by tamasen [この記事のURL]

2019年2月22日(金)

第54回理学療法士国家試験 壮行会を開催しました!

本日は4年生最後の登校日。いよいよ国家試験本番が迫ってきました。理学療法学科では教職員、在校生が国家試験に臨む4年生の健闘を祈り、壮行会を開催しました。



最初に、1、2、3年生より激励の言葉とともに様々な余興が披露され、会場は和やかムードに。後輩たちの体を張った芸に、会場は大爆笑の渦に包まれました。





受験生は、後輩たちからたくさんの笑いと勇気とエネルギーをもらったものと思います。

その後、各教員から激励の言葉をいただき、タマセン名物「合格必勝グッズ」を受け取りました。学生たちの引き締まったり笑顔になったりの表情が印象的でした。





最後に受験生代表者が「今日は我々の為に、とても楽しい余興をしていただきありがとうございました。今日のこのエネルギーを糧に国家試験を乗り切ってきます!」と在校生に挨拶をし会を締めくくりました。



受験生からは、「壮行会では先生方や後輩達から激励の言葉を頂き、本番の際、緊張した時にこれを思い出して頑張ろうと思います。全員合格を目指して頑張りたいと思います。」「後輩や先生方から激励の言葉や出し物があり、大変盛り上がり、とても楽しかったです。気を引き締めて、受験生全員で合格したいと思います。」とコメントをもらいました!



今まで学習した成果が発揮できれば、100%合格間違いなし!!
頑張れっ!!

理学療法学科4年担任 吉野 裕之

written by tamasen [この記事のURL]

2019年2月20日(水)

評価実習症例報告会(理学療法学科3年)

 理学療法学科3年生が、3週間の臨床評価実習を終え、症例報告会を行いました。報告会後の質疑応答では、活発な意見交換が行われました。症例報告会には2年生も参加し、1年後の実習をイメージしながら聞いていました。





以下、学生のコメントです。
「他の学生の発表を聞き、参考になることが多くありました。自分が担当していない症例を、報告会にて経験することが出来ました。」      
3年生 藤山大佑

「症例報告会での議論したことを生かして、4年生での総合臨床実習では頑張ろうと思いました。」                       
3年生 岡諄宥

「症例報告会での質疑応答では、活発なやりとりがされており、とても真剣に向き合っていると感じました。この経験を今後の授業や実習に生かしていきたいと思います。」
2年生 花巻光太郎


今回の評価実習での経験を生かして、今後の総合臨床実習へ臨んでもらいたいと思います。
理学療法学科 3年生担任 佐々木裕司

written by tamasen [この記事のURL]

2019年2月18日(月)

在宅看護論で訪問看護の演習をしました(保健看護学科3年)

 保健看護学科3年生では1年を通して「在宅看護論」という科目を学びます。講義も終盤に入った頃、実習をイメージして在宅(自宅やグループホームなど)で療養されている方を看護師が訪問して看護している場面を模擬体験しました。学校内で唯一、和室のある在宅看護実習室で療養者と家族、看護師の役割を決めて、お互いに意見や感想を言い合いながら楽しく学びました。
学生は「療養者・家族とのコミュニケーション場面では、病院とは違い家に行くと緊張するが、人と人との距離が近いと感じた。」「相手に合わせてわかりやすい言葉を選びながら伝えることの難しさを感じた。」「看護師に求められるのは丁寧で思いやりのある態度である。マナーや礼儀も大切であることがわかった。」「多職種とのサービス担当者会議では、他職種との信頼関係を築くことで療養者・家族を支援しやすくなる。」と看護師の基本的姿勢と役割について体験から学びを深めていました。
 また、自分の日頃のマナーや言葉遣いなども振り返り、看護者として社会の人々の信頼を得られるよう、品行方正を目指さないとと実感したようです。
 在宅看護論実習は4年次に行います。学生は、演習を通して在宅療養者とその家族への看護の実際をイメージすることができたようです。来年の実習が楽しみです。


訪問看護師が療養者の血圧を測定している場面


療養者・家族にそれぞれ訪問看護師が話をしている場面


自宅で療養者・家族を中心にサービス担当者が会議をしている場面
(療養者・家族・看護師役以外はサービス担当者役)

written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ | 次のページ >>

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨