tamasen blog

2019年6月9日(日)

ビーチサッカー大会でトレーナーサービス(理学療法学科3年)

毎年恒例となったビーチサッカー大会でのトレーナーサービスに、理学療法学科の有志8名が、今年も参加しました。
本校としての参加は4年目であり、選手・関係者の方々の認知度も増しています。今回は約70名の選手にストレッチング・マッサージ・テーピングなど行わせて頂きました。
参加した学生も、最初は緊張していましたが、徐々に笑顔も増え、選手からの要望に応えるべく一生懸命頑張りました!



以下、参加学生のコメントです。

 選手を前にすると、最初は頭の中が真っ白になり、練習したことが行えず、とても悔しかったです。でも、徐々に緊張も落ち着き、「気持ち良かった。ありがとう!」、「また来ます!」など言って頂き、とても嬉しかったです。
次回の9月大会に向けて、もっと上手く行えるよう練習したいと思います。
理学療法学科3年 夏目かすみ




 練習したストレッチングやマッサージが選手の為になるよう一生懸命頑張りました。もっと技術面での練習が必要だと感じましたが、それ以上にコミュニケーション能力の大切さに気づくことが出来ました。
もっと余裕を持ち、選手との会話の中から上手く要望を引き出し、答えられるような理学療法士になりたいです。
理学療法学科3年 浅野匠貴


written by tamasen [この記事のURL]

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨