tamasen blog

2019年7月2日(火)

海外からの研修団と国際交流をしました!

7月2日(火)に加計学園が教育交流協定を結んでいる大学(アメリカ・ライト大学、フィンドリー大学とブラジル・パラナカトリカ大学、パラナ連邦大学)から、訪日文化研修団30名が来校されました。

まずは歓迎セレモニーで、校長先生や代表学生が歓迎の言葉やスケジュールの紹介などを英語で行いました。



その後、4学科をツアー形式で紹介しました。

保健看護学科の様子です。



介護福祉学科の様子です。



理学療法学科の様子です。



作業療法学科の様子です。




各学科、緊張しながらも英語を駆使して学科の紹介をする学生がとても頼もしく見えました。交流していくうちに緊張も解れ、盛り上がったようです!


最後に交流会に参加した本校教職員、学生、研修団との記念写真を撮影した後、ハイタッチでお見送りをしました。
バスに乗車すると、バスから笑顔で手を振る研修団と、見送る学生たちの別れを惜しむ表情に、短い時間でしたがこの交流会がとても充実した時間であったと感じました。


皆様、お疲れ様でした!

written by tamasen [この記事のURL]

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨