tamasen blog

2019年8月6日(火)

感染予防の技術を学習しました 保健看護学科

【感染予防の技術を学習しました。】

≪防護用具の着脱では、キャップ、マスク、ガウンを着用し、実際の汚れを想定して脱ぎ方までを学びます≫


≪滅菌物の取り扱いでは、実際の鑷子を使用し滅菌された物品の開け方、消毒綿球の受け渡しを学びます。≫
患者さんに接する機会の多い看護師は感染を防ぐ知識や技術を身につける必要があります。
看護学校では、感染を予防する技術として、手指衛生(衛生学的手洗い)、個人防護用具の着脱、滅菌物の取り扱いを教授しています。学生が難しいと感じることは、「清潔エリア」と「不潔エリア」の境界です。気づかないうちに自分の振る舞いや動作の癖により清潔な物品を不潔にしてしまうこともあります。専門学校に入学するまでに手洗いやうがいの必要性については聞いてきたと思いますが、改めて「清潔」に対する認識ができ、患者さんや自分の身を守ることの重要性が理解できたのではないかと感じています。





written by tamasen [この記事のURL]

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨