保健看護学科 4年制/男女/定員40名

VOICE

在校生

保健看護学科 3年生

橋元 衿花さん
愛媛県立今治東中等教育学校出身

私がタマセンを目指したきっかけは、オープンキャンパスでした。生き生きとした明るい先輩方と先生方が印象的で、学習施設も整っていて、充実した学校生活を送ることができそうだと感じました。また、保健師と看護師の統合カリキュラムにより、将来、仕事の幅が広げられることも魅力でした。入学後の学習は大変でしたが、些細な変化にも気づき、相談にのってくださる先生方や仲間に支えられて頑張ることができています。実習ではうまくいかないことも多いですが、患者様の表情が少しずつ明るくなっていく姿を見ると私でも力になれると感じ、頑張ろうと思えます。これからも同じ目標をもつ仲間とともに、思い描く看護師像に向かって励んでいきたいと思います。

山﨑優衣さん

卒業生

保健看護学科 2016年度卒業

二宮 丈大さん
岡山県精神科医療センター 勤務

タマセンを卒業後、岡山県精神科医療センターに就職し、司法病棟で働いています。学校では看護の基本を学びますが、現場(病院)では根拠に基づいた応用力と実践力が必要となります。
入職当初はわからないことだらけで不安でしたが、先輩看護師にも恵まれ、とても良い職場で育てていただき、今では患者様の健康な生活を医師や作業療法士、社会福祉士など、 多くの専門職の方々と一緒に考え、実践できることにやりがいを感じています。

二宮 丈大さん

先生

保健看護学科 専任教員

三宅 真理子先生

近年、国民の医療への意識が高まり、看護職に対する期待も大きくなっています。また、保健医療福祉サービスの内容、方法、場の多様化が進み、看護職には多職種との連携や役割の拡大などが期待されています。
世界のどの国も経験したことがない超高齢・人口減少社会に対応していく看護職には、知的・倫理的側面や専門職として望まれる高度医療への対応、生活を重視する視点および看護の発展に必要な資質・能力が求められます。いかなる状況に対しても、知識、思考、行動というステップを踏み、最善の看護を提供できる人として、同じ志をもつ仲間と共に「美しく」「しなやかに」「力強く」成長していきましょう。

三宅真理子先生