理学療法学科 4年制/男女/定員40名

VOICE

在校生

理学療法学科 3年生

田中 宏幸さん
岡山県立林野高校出身

私がタマセンを選んだ理由は、高校生の時、オープンキャンパスに参加した事がきっかけです。とても明るい先生方や、優しく教えてくださる先輩方に惹かれて入学しました。勉強面では、最初は専門的な事ばかりで戸惑う事がありましたが、先生や先輩方に気軽に相談でき、理解する事ができました。優しさと厳しさの両方を兼ね備えた先生方がいらっしゃるので、明るく学べる学校です。また、勉強の他に優勇祭などの学校行事や充実した部活動などで、同級生や先輩と親睦を深める事ができます。そしてタマセンの良いところは、臨床で使う様々な器具が充実していて、実習などで多くの体験ができることです。体験しながら学べることで多くのことが身に付き、勉強が充実したものとなります。

田中 宏幸さん

卒業生

理学療法学科 2012年度卒業

後藤 晃暢さん
岩崎整形外科(福山市) 勤務

私は工業高校出身で、高校卒業後は就職する生徒が多く、異業種への進学はやや反対の声もありました。しかし、私が所属していた部活にトレーナーとして帯同していた理学療法士の方に憧れて、この道に決めました。学年が上がるにつれて勉強や実習に対する不安や悩みも出てきますが、タマセンは先輩方・先生方からのアドバイスやフォローが手厚く、ワンチームを体現している学校です。私を先輩方や先生方が導いてくださったように、後輩の皆さんには臨床実習での指導者という形で力になれるよう頑張りたいと思います。

後藤 晃暢さん

先生

理学療法学科 専任教員

本多 史明先生

「手当て」という言葉があります。医療現場でいう「手当て」とは「けがや病気の処置をすること。また、その処置」のことをいいます。では、理学療法士にとっての「手当て」とは一体なんでしょうか?
理学療法士は治療を行っていく上で「対象者に触れる」仕事です。対象者の方は、「手を当てられ治療されている実感」と同時に「治療者の思い」も感じているものと私は思っています。授業でも問診・視診による評価や言葉によるコミュニケーションの大切さはもちろんのこと、「触診」や「触れて治療すること(ハンドリング)」の重要性を学生に伝えています。専門知識や治療技術の習得に加え、まさに「手を当てて、思いを持って治療できる」理学療法士の育成に、経験豊富な教員が一丸となって力を注いでいきます。

本多 史明先生