tamasen blog

<< 前のページ

2017年9月22日(金)

海外研修団が無事に帰国しました!

アメリカ研修団が9/16日笑顔で無事帰国しました。
研修旅行でのたくさんの思い出を写真で紹介します。















・ホストファミリー、ジュディさんの自家用機でフライト
・スミソニアン航空宇宙博物館
・シェネンドアバレーの鍾乳洞
・グランドキャニオン
・ジョーさんの家でホームステイ終了パーティ
・スミソニアン航空宇宙博物館
・シェネンドア大学キャンパス
・NY、エンパイアステートビル
・タイムズスクエア
・ホストファミリー、ジュディさんの自家用機でフライト
・スミソニアン航空宇宙博物館
・シェネンドアバレーの鍾乳洞
・グランドキャニオン
・ジョーさんの家でホームステイ終了パーティ
・スミソニアン航空宇宙博物館
・シェネンドア大学キャンパス
・NY、エンパイアステートビル
・タイムズスクエア

written by tamasen [この記事のURL]

2017年9月20日(水)

地域理学療法実習・前期を終えて(理学療法2年)

理学療法学科2年生は8/21〜8/25の5日間、地域理学療法実習を実施しました。
短期間でしたが、初めての実習ということもあり、不安も抱えながら緊張感を持って臨みました。

1年生から現在まで学んできたことを実践する良い機会になったと思います。

それぞれ見つけた自分の課題を、今後の勉強面、学生生活に活かしてもらいたいと思います。

(理学療法学科2年担任佐々木裕司)


写真は、地域理学療法実習後の報告会のもの。






以下、学生のコメントです。

地域理学療法実習を終えて…
リハビリ職だけでなく、介護職の内容も知ることができ、良い経験になりました。実習後の報告会では、他施設の話も聞くことができ、とても参考になりました。現場での利用者様、スタッフの方々とのコミュニケーションを通じ、自分に不足しているものに気付くことができました。この経験を今後の学生生活、実習へ活かしていきたいと思います。
(理学療法学科2年 梅木優真、倉持翔大)

2年前期を終えて…
1年生の時に勉強を頑張ったからこそ2年生の勉強についていけたと感じた前期でした。これからも1つ1つの教科をしっかりと勉強し次のステップに進もうと思います。
(理学療法学科2年 藤原颯馬)

written by tamasen [この記事のURL]

2017年9月15日(金)

総合臨床実習U期 症例発表会を開催!(理学療法4年)

9月14日(木)、15日(金)の2日間、総合臨床実習U期の症例発表会を実施しました。

10週間の実習を終え、学生は担当した患者様の治療前後の検査・測定結果や、実際に行った理学療法の説明、自分の考察などを発表しました。

コミュニケーションを取ることが難しい患者様や障害が重複している患者様を担当し、悩んだこともあったようです。また、同じ疾患でも症状の異なる患者様について、他者の発表を聞くことで大いに勉強になったことと思います。
 
次は卒業試験、国家試験に向けて机上での学習が始まります。実習でお世話になった患者様、病院関係のスタッフの皆様への恩返しは、「理学療法士になること」。

そう思いながら、日々、勉強に励んで欲しいと思います。

理学療法学科4年生担任 本多史明




以下、学生のコメントです。
「U期の総合臨床実習を終え、各実習施設で担当させて頂いた患者様の症例発表を行いました。自分の考えを発表するだけでなく、活発に質疑応答することで他者の新たな考え方を学ぶことができました。貴重な経験をさせていただいた患者様や先生方への感謝の気持ちを忘れず、これからは卒業試験・国家試験勉強に励んでいきたいと思います。そして、この症例発表や評価・総合臨床実習の計23週間を通し得た知識を、就職した4月からの臨床に活かしていきたいと思います。」(理学療法学科4年 松田実樹)

「U期の総合臨床実習を終え、それぞれが担当させていただいた患者様の症例報告を行いました。なぜこのように考えたかなど積極的に質問することで様々な意見を聞くことができ、貴重な時間となりました。今回の症例報告では、T期目と比べてより深い質疑応答ができていたと思います。4月から始まった計20週間にわたる総合臨床実習で、学生は皆少なからず成長できたのではないかと思いました。関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、これからは国家試験合格に向けてクラス全員で頑張っていきたいです。」(理学療法学科4年 松下拳也)



written by tamasen [この記事のURL]

2017年9月15日(金)

アメリカ研修トピックス

アメリカ研修がスタートし、現地の写真が送られてきました。最初の一枚は研修先のシェネンドア大学内でのショットです。日本の大学とは違う雰囲気を感じとても良い経験になることでしょう。2枚目はホームステイ先での1枚。今まで大勢の学生たちを受け入れて頂いており、今回も3名がお世話になっています。自家用飛行機に学生たちは大興奮!
とても貴重な体験が出来たようです。




シェネンドア大学での研修を終えた一路はワシントンへ。
写真はワシントンでの様子です。リンカーン記念堂やホワイトハウスなどさまざまな観光地を巡りました。



アメリカでの研修も残りわずかです。
思い残すことなくしっかりと楽しみ学んできてほしいです。
学生が元気な姿で帰ってくることを楽しみに待っています!


written by tamasen [この記事のURL]

2017年9月5日(火)

アメリカ研修団出発!

9月5日(火) 岡山空港9:25発ANA654便に乗り、2017年度アメリカ研修団が出発しました。
今年の研修団は4名と少人数ですが、明るく元気なメンバーが揃いにぎやかな研修旅行となることでしょう。





一行は、羽田空港を経由し、成田空港から16時発のユナイテッド便でワシントンDCへと飛び立ちます。現地に到着後、まずはシェネンドア大学があるウィンチェスター市に移動し、ホームステイから研修がスタートします。

9月16日(土)までの12日間、ウィンチェスター、ワシントンDC、ニューヨーク、ロサンゼルスを巡る研修を通し、一回り大きくなって元気に帰ってくることを期待します。

written by tamasen [この記事のURL]

<< 前のページ

Copyright© Tamano Institute of Health and Human Services. All Rights Reserved.

MySketch 2.7.4 written by 夕雨