作業療法学科 4年制/男女/定員40名

VOICE

在校生

作業療法学科 2年生

明村 遥奈さん
岡山県立勝山高校出身

私がタマセンに進学した理由は、4年制でしっかり勉強できると思ったからです。また、先生方のサポートもあり、分からないところがあれば、優しく分かるまで教えてくれることが強みだと思いました。
さらに、専門知識や実技の知識もじっくり学べることができると思ったからです。
勉強面では何もかもが初めてで苦労をしましたが、友達や先輩、先生方の支えがあり乗り越えることができました。
今後はいろいろな資格を取得し視野を広げていきたいと思います。そして、対象者の方をより支えることができるような周りから信頼される作業療法士を目指します。

明村 遥奈さん

卒業生

作業療法学科 2018年度卒業

中村 悠斗さん
倉敷成人病センター 勤務

作業療法士は対象者の方が「したい」「しなければならない」「することが期待されている」などその行為に意味や目的を感じていることを作業として捉えています。私は病院で、小さなお子さんからご高齢の方まで幅広い年齢層の方に作業療法を行っています。対象者の方によって必要としている作業はさまざまであり、特に発達障がいを抱えたお子さんへは、その子にとって必要な作業を獲得するためにご家族や学校の先生から情報を集め、支援方法を検討し、成長をサポートできるようなアドバイスや環境調整などを行っています。学生時代は先生や友人、先輩に助けられながら頑張って勉強したり、イベントごとにみんなで楽しんだことがいい思い出です。卒業後も定期的に会うなど今でもいいつながりを持っており、心の支えになっています。

中村 悠斗さん

先生

作業療法学科 専任教員

香川 美恵子先生

本校は、作業療法士取得を目指すだけでなく、保育士をはじめ作業療法に関連するさまざまな認定資格の取得も支援していきます。なぜ、作業療法に関連する知識が必要かというと、その人らしい生活を支援していく作業療法士は、医療の知識だけでなく、生活支援をしていくさまざまな引き出しが必要となるからです。実際、働きながら資格を取得する作業療法士もいます。それを学生生活で取得することができれば、強みや実践力にもなりますし、みなさんも充実したキャンパスライフが送れるのではないでしょうか。みなさんの学ぶ力を経験豊富な教員がサポートします。対象者の希望する生活を支援でき、対象者の笑顔を引き出すことができる作業療法士を、本校で学びましょう。

織田 靖史先生