理学療法学科 4年制/男女/定員40名

実力で磨く実践力

実際の病院・施設で学生一人ひとりに合わせた実習教育

最終学年で臨む総合臨床実習では、西日本各地に点在する実習施設において、現場で働いている理学療法士の指導のもと、理学療法のノウハウを学んでいきます。本校では、各学生の状況に合わせた実習配置をとっており、卒業生も多数いることから充実した実習教育となっています。

主な実習先

サポート体制

臨床実習の事前学習の充実

実習前にはOSCE(客観的臨床能力試験)を実施し、評価技術を身に付けてから実習に臨みます。

業界で活躍する
多くの卒業生との連携

現在、中四国を中心に400名を超える卒業生が臨床で活躍しています。また、実習施設の約半数で卒業生が就職しており、後輩である実習生のサポートをしてくれます。

実習にかかる費用は学校が負担

実習期間は、アパートなどの宿泊施設を利用することが多くなりますが、本校では学生支援を目的として、宿泊・宿舎までの移動費・実習費のすべてを負担しています。
※定期券等通学費は自己負担となります。