理学療法学科 4年制/男女/定員40名

VOICE

在校生

作業療法学科 3年生

佐藤 早恵さん
岡山県立玉野光南高校出身

私は高校3年生の時、大学進学か専門学校進学かで迷っていました。そんな中でタマセンを選んだ理由は、オープンキャンパスへの参加がきっかけです。とても学校の雰囲気がよく先生方や先輩方も優しく面白い方ばかりだったので、ここでなら充実した学生生活を送ることができると感じました。県内の作業療法士育成の専門学校で唯一4年制であることも、専門的なことをじっくり学ぶには良い環境で、とても魅力的でした。実際、勉強は難しいです。しかし、親身に教えてくださる先生方や先輩方、一緒に勉強するクラスメイトがいるので、とても楽しく勉強することができています。将来は、対象者の方がより良い生活を送るための手助けができる作業療法士になりたいと思っています。

佐藤 早恵さん

卒業生

作業療法学科 2009年度卒業

萩原 彩紀さん
岡山光南病院 勤務

私は回復期リハビリテーション病院に勤務しています。脳血管疾患や整形疾患などの患者様を担当しており、患者様の目標に合わせて退院に向けての支援をしています。
タマセン在学中は、先輩後輩だけでなく先生方との交流もたくさんあり、勉強面はもちろん、プライベートも楽しく過ごすことができました。卒業後にも定期的に勉強会があるので、参加しています。就職して作業療法の難しさに直面しましたが、職場には相談にのってくださる頼もしい先輩方が多いので、アドバイスを活かしながら日々奮闘しています。患者様の生活に寄り添い、小さな変化に気づくことができる作業療法士になりたいと思っています。

萩原 彩紀さん

先生

作業療法学科 専任教員

織田 靖史先生

人は何かをすることで生きています。ご飯を食べたり、排泄をしたり、仕事をしたり、からだを休めたり・・・。そして、何かをすることで自分らしさを作っています。髪型を整えたり、遊んだり、勉強をしたり、恋をしたり・・・。人は「何かをする」ことでさまざまな「経験」を積み、人生を豊かにしていきます。作業療法士は、「何かをする」を通して、「よりよく生きる」を支える専門家です。 作業療法士を目指す皆さんは、学生時代に「どんな経験をするのか」が大切です。タマセンには、教育経験・知識の豊富な教員や医療福祉を志す多くの仲間がいます。豊かな自然と学びに相応しい整った設備があります。タマセンの学生生活は、あなたらしい作業療法士になるための大切な「経験」となることでしょう。

織田 靖史先生