理学療法学科 4年制/男女/定員40名

VOICE

在校生

作業療法学科 3年生

夏目 もも子さん
岡山県立岡山南高校出身

私の母は作業療法士として働いています。幼いころからその姿を見てきた私は働く母に憧れるようになりました。また、リハビリセンターや介護施設を訪れる機会が多く、利用者様と関わっていくうちに、リハビリ職に興味を持ち、そのような場所で働きたいと思うようになりました。
タマセンを受験した一番の理由は、4年制だったことです。3年制より、じっくりと学べることが自分に合っていると思いました。その他にも先生と学生の距離の近さや勉強しやすい環境をオープンキャンパスで体感しました。 将来は、作業療法士になっても勉強を続けていき、母のような利用者様の笑顔を支えるような作業療法士になりたいです。

夏目 もも子さん

卒業生

作業療法学科 2009年度卒業

萩原 彩紀さん
岡山光南病院 勤務

私は回復期リハビリテーション病院に勤務しています。脳血管疾患や整形疾患などの患者様を担当しており、患者様の目標に合わせて退院に向けての支援をしています。
タマセン在学中は、先輩後輩だけでなく先生方との交流もたくさんあり、勉強面はもちろん、プライベートも楽しく過ごすことができました。卒業後にも定期的に勉強会があるので、参加しています。就職して作業療法の難しさに直面しましたが、職場には相談にのってくださる頼もしい先輩方が多いので、アドバイスを活かしながら日々奮闘しています。患者様の生活に寄り添い、小さな変化に気づくことができる作業療法士になりたいと思っています。

萩原 彩紀さん

先生

作業療法学科 専任教員

渡邊 真紀先生

「人生を楽しみたい」というのは誰もが持っている想いです。そのためには、自分らしくあること、こうありたいと願う自分になれることが重要です。怪我や病気、加齢などさまざまな要因で、自分らしい生活や自分らしさを失った方にとって、それらを再構築することは、人生の楽しみを再び獲得することにつながります。作業療法士は、生活上のさまざまな行為(作業)の向上を目指し、心に寄り添い、知識と技術をフル活用して対象者の方を支援します。本校には教育経験の豊富な講師陣と整った環境があります。あなたらしさを活かした作業療法士になれるよう、心を通わせながら共に学びましょう。強い心と優しい気持ちで、対象者の方を全面的に支援できる作業療法士を育みます。

渡邊 真紀先生